teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. HHE-117 OttoDIY Servo Board(0)
  2. LAB-014 Plasma Speaker(0)
  3. LAB-014 Tesla Coil(0)
  4. HHE-115 CW Keyer(1)
  5. HHE-114 CW Decoder(1)
  6. HHE-111 Home Fox Hunting(2)
  7. HHE-112 The Electromagnetic Cannon(1)
  8. Apartment Mansion Ham Antenna(アパマン ハム アンテナ)(361)
  9. 全国・電波ホットスポットを探せ(85)
  10. HHE-102 One Chip AM Radio(8)
  11. YMC今昔話(105)
  12. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全12)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


謹賀新年

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2012年 1月 3日(火)08時45分11秒
返信・引用
  皆さん、あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろありましたが、YMCを再開できた事は大変嬉しく思っています。
今年も、無線に、ものづくりに、アイボールにと充実した素晴らしい一年になりますよう、お祈り申し上げます。
         ^OAO^
 
 

続12AU7Aマイクアンプ

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2012年 1月 2日(月)00時07分36秒
返信・引用
  > No.117[元記事へ]

やっと、球実装用のアルミ板1mm厚を加工しました。

ブレッドボードで確認して実装します。

JG1CCLうちだ
 

12AU7Aマイクアンプ

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月30日(金)22時50分54秒
返信・引用
  通信講座も無事終了(優秀ランクで)し、一息入れています。

中断していた12AU7Aマイクアンプに取り掛かかれます。
12V動作なので、ブレッドボード用の球ソケットアダプターや、鈴蘭堂ケースに納める球固定用のシャーシを1mm厚のアルミ板で作製しているところです。そういえば、このアルミ板は鈴蘭堂で、お店の人と会話していてもらったことを思い出しました。

それとOAOさんからのメールで、サボっていたホームページの更新も年内にやらないと・・・

【写真の説明】
手前に飛び出しているのが、中国製の12AU7A
薬味箱に有るのが、ロシア製の12AU7A
12AU7の日本製は、アルコールで拭いたら文字が消えてしまったナショナル製が一本あります。

それでは皆さん、酔い(?)お年をお迎えください。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMSノイズフロアー

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月24日(土)18時24分29秒
返信・引用
  JG1CCLうちださんへの返信です。

本物だ!! 大変良く出来ました。パチパチ(拍手)  ^OAO^

> 早速、180cmのBNC+圧着端子ケーブルで測定してみました。
> 何も接続しない状態(オープン)よりもノイズフロアーが下がっています。
>
> JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月24日(土)18時18分24秒
返信・引用
  > No.112[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> JR1OAO 中島さんへの返信です。
> 周波数で変化するので、FETのソースをオシロで測定し、VRを接続してその結果の半分になる抵抗を読めば大体のインピーダンスがわかるので、試してみたいと思います。

ソースフォロアは意外と高いのです。良くそのあとにエミフォロを入れときます。Mini-Whipみたいに・・。ゲートの信号とソースの信号のレベル差も見てみてください。
> ところで、DDSの2SK125の(秋月標準はR16=100Ωがソース抵抗としてありますが、)FRMSではソース抵抗がなく直接51Ωで受けてLPF(終端51Ω)への接続となっています。
> 実は、なぜそのようにしているのかが、未だ理解できていません。

51ΩとLPF、さらに51Ωの3つの素子がソース抵抗になっています。HPFだとDCが切れてしまうのでこのような回路には出来ません。うまくバイアス電流が間に合えばよく使う手です。
 

FRMSノイズフロアー

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月24日(土)11時11分27秒
返信・引用
  > No.111[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

> 出力と入力のGNDのみ1mくらいの同軸で接続するとどうなりますか?実際DUTを接続した場合は、伝送信号が-∞dBでもGNDは繋がるので、その方が実際に近いと思います。片側はBNCを普通に接続し、反対側はコネクタ外側のみ接触させてみてください。それでもノイズフロアーが低ければ本物ですね。

早速、180cmのBNC+圧着端子ケーブルで測定してみました。
何も接続しない状態(オープン)よりもノイズフロアーが下がっています。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月24日(土)11時07分38秒
返信・引用
  > No.110[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。
> ソースフォロアの出力インピーダンスは0Ωではなく、確か 1/gm に見えてしまうからです。わざわざE24シリーズの51Ωに拘ることなく、少々小さめの抵抗の方が良いでしょうと言うことです。

なるほど、確かに2SK125のgm=10~14[mS]なので、71~100Ωです(JFETはMOSFETより大きい)。
ということは、なしでもいいくらいだと・・・
周波数で変化するので、FETのソースをオシロで測定し、VRを接続してその結果の半分になる抵抗を読めば大体のインピーダンスがわかるので、試してみたいと思います。特にDDS側でなくFRMS出力側の測定はしておきたいですね(知りたいです)。

ところで、DDSの2SK125の(秋月標準はR16=100Ωがソース抵抗としてありますが、)FRMSではソース抵抗がなく直接51Ωで受けてLPF(終端51Ω)への接続となっています。
実は、なぜそのようにしているのかが、未だ理解できていません。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月23日(金)14時54分39秒
返信・引用
  > No.109[元記事へ]

内田さん、
広帯域レベル検波で-70~80dB取れているのは凄いですね。
出力と入力のGNDのみ1mくらいの同軸で接続するとどうなりますか?実際DUTを接続した場合は、伝送信号が-∞dBでもGNDは繋がるので、その方が実際に近いと思います。片側はBNCを普通に接続し、反対側はコネクタ外側のみ接触させてみてください。それでもノイズフロアーが低ければ本物ですね。
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月23日(金)14時20分24秒
返信・引用
  > No.106[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> OAOさん、昨日の勉強会でDDS出力の2SK125ソース側Rが51Ωでなく47Ωのほうが酔いといっていたのが気になっています。Why?

ソースフォロアの出力インピーダンスは0Ωではなく、確か 1/gm に見えてしまうからです。わざわざE24シリーズの51Ωに拘ることなく、少々小さめの抵抗の方が良いでしょうと言うことです。
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI  投稿日:2011年12月21日(水)23時43分19秒
返信・引用
  > No.108[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

早いですね、ありがとうございます。
う~ん、コモンモードが流れず同じかと思いましたが、コア有のほうが3dB位良いという結果ですね。

> しかし、RFはよくわかりませんが面白いですね。天井伝いにカップリングするとは、鼠小僧か五右衛門波(並)です。

思惑通りにうまく行くと面白いのですが、失敗すると訳が解りません。
風車の弥七の風車が、脳みそに突き刺さったままになります。(笑)

JE1UCI
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月21日(水)21時33分54秒
返信・引用
  > No.107[元記事へ]

JE1UCI/冨川さんへの返信です。

こんばんは。冨川さんありがとうございます。
やっと完成とします(セラミックの泣く音を聴いたり、色々と楽しみましたので)。
DDS出力の下がり方が約3dBで、フィルター後は約7dBとなっていました。
直結の場合、1MHz付近でのバラツキは気になりますが、5MHz付近での上昇等の全体のカーブは
DDS出力やフィルター後のものとほぼ同じなので、好しとしました。
・・・OAOさんは、フィルターの見直しに注目しているみたいでしたが・・・
ケースや基板を固定しているアルミ板とも絶縁状態ですので、FB経由で一点アースやフィルターの見直しもいずれはありかとは思います。

> 一つ御願いしたいのですが、このままパッチンを外してノイズフロアの変化を確認できないでしょうか??

了解です。同じ条件でパッチン兪無の測定結果はあるので掲載します。
画像1:蓋開ける
画像2:蓋閉じる
画像3:コア+蓋閉じる

ケースの高さが50mmですのでBNCは25mmの中心(ケース天井まで25mm)にあります。
しかし、RFはよくわかりませんが面白いですね。天井伝いにカップリングするとは、鼠小僧か五右衛門波(並)です。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI/冨川  投稿日:2011年12月21日(水)20時51分4秒
返信・引用
  > No.105[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

こんばんは。
完成ですね。おめでとうございます。

> パックンチョークの画像です。

一つ御願いしたいのですが、このままパッチンを外してノイズフロアの変化を確認できないでしょうか??
たぶん絶縁タイプのBNCコネクタと見えますので、この場合はパッチンは要らないと思っていました。
でも、自分で作ったのは導通タイプなので、比較ができません。

> > ディスコンビ(LM6365N+2SK125)でケースに組み込み完成とします。

私の場合、そこまで考えて作っていませんでした。回路的にはキットのとおりです。
ノイズフロアはちょっとばかり考えましたけど・・

JE1UCI
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月19日(月)22時15分48秒
返信・引用
  > No.105[元記事へ]

修正:ノイズフロアーを下げるため、FB101φ4.0mm2turns→φ0.4mm(実測2.5μH)です。

OAOさん、昨日の勉強会でDDS出力の2SK125ソース側Rが51Ωでなく47Ωのほうが酔いといっていたのが気になっています。Why?
フィルターの終端は51Ωです。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月18日(日)21時50分1秒
返信・引用
  > No.104[元記事へ]

パックンチョークの画像です。

> ディスコンビ(LM6365N+2SK125)でケースに組み込み完成とします。
> 1-20MHzで7.1[dB]=9.9-2.8[dB]となりました。
> ノイズフロアーを下げるため、FB101φ4.0mm2turnsとパックンチョークを実装してあります。
> LM6365Nはゲイン15倍(24dB)なので、データシート通りに回路を変更しています。
> やっと・・・完成!!!

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月18日(日)21時48分16秒
返信・引用
  ディスコンビ(LM6365N+2SK125)でケースに組み込み完成とします。
1-20MHzで7.1[dB]=9.9-2.8[dB]となりました。
ノイズフロアーを下げるため、FB101φ4.0mm2turnsとパックンチョークを実装してあります。
LM6365Nはゲイン15倍(24dB)なので、データシート通りに回路を変更しています。
やっと・・・完成!!!
JG1CCLうちだ
 

50Ω(SMA)⇔75Ω(F)変換パット

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月17日(土)11時01分49秒
返信・引用 編集済
  地デジTVI対策用の430MHzトラップを作るにあたり、スペアナGigaSt V5で75Ω系の特性を正しく測れるように50Ω(SMA)⇔75Ω(F)変換パットを2個作りました。例によって先を急ぐあまり完成品の写真しか有りませんが、幅4mmの両面基板に作ったマイクロストリップラインとチップ抵抗で極力理想的に組んだところ、3GHzくらいまでそこそこ使えそうなパットが完成しました。
外観と回路、50Ω(SMA)⇔75Ω(F)→(F-F)→75Ω(F)⇔50Ω(SMA)と接続したときの伝送特性です。
1個当たり変換ロスは最小の設計で5.7dBとなっています。

 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月14日(水)20時49分4秒
返信・引用
  > No.95[元記事へ]

電流帰還型のオペアンプをゲットしたので実験(LM6365N同様510Ωと51Ω+500ΩVR
)してみました。
LT1227・・・140MHz(800円)

微弱信号での出力で無いので、データシート通りにはならないということでしょうか。
LM6365N(+2SK125)が落としどころのようですね。
EL2075Cは相当最適なオペアンプだったてことでしょうか・・・

画像1:10倍・・・16.8dB=12.2dB+4.6dB
画像2:2倍・・・9.0dB=12.2dB-3.2dB
画像3:1倍・・・7.0dB=12.2dB-5.2dB

> ディスコンによりオペアンプが変更になっていますしGB積が異なります。
> FRMS1:EL2075C・・・2GHz(?円)
> FRMS2:LM6365N(+2SK125)・・・725MHz(500円)
> FRMS3?:LM7171・・・200MHz(200円)
> 上の二個はディスコン(秋月に6365はありましたが)ですので、LM7171で利用するか、別の価格も手ごろなオペアンプを探すかだと思います。約5千円のAD8099(3.8GHz)は対象外ですね。
> GB積呪縛から逃れるため電流帰還型のオペアンプでも検討してみます。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月 9日(金)20時10分32秒
返信・引用
  > No.94[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

> 帰還抵抗を小さくして、ゲインを必要なだけに小さくしたら、SGの出力がそこそこFLATにスイープ出来る様になったという事ですね。

ゲインが必要な状況なのかは、よくわかりません。
FRMSの当初の資料には、
・周波数範囲:1kHz以下~20MHz
・周波数分解能:1Hz
・入力インピーダンス:50Ω
・入力ダイナミックレンジ:約70dB
・最大入力レベル:+16dBm(40mW)
・信号源出力レベル:約+10dBm(10mW)
・電源:DC12V
となっていますので、現状では仕様を満たしていないと思われます。
アンプを測定するときにはアッテネーターを使用となっています。

ディスコンによりオペアンプが変更になっていますしGB積が異なります。
FRMS1:EL2075C・・・2GHz(?円)
FRMS2:LM6365N(+2SK125)・・・725MHz(500円)
FRMS3?:LM7171・・・200MHz(200円)

上の二個はディスコン(秋月に6365はありましたが)ですので、LM7171で利用するか、別の価格も手ごろなオペアンプを探すかだと思います。約5千円のAD8099(3.8GHz)は対象外ですね。
GB積呪縛から逃れるため電流帰還型のオペアンプでも検討してみます。
早く、この気持ち悪さを解消したいと思います。

> 画像の説明の6dBショート・・とかは意味が良く判らないので条件が不明ですが・・・・。
> とにかく、おめでとうございます。
6dBショート:2倍のゲインに設定してIN-OUTを直結・・・10.1dB=12.2dB-2.1dB
0dBショート:1倍のゲインに設定してIN-OUTを直結・・・7.0dB=12.2dB-5.2dB

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月 8日(木)22時49分15秒
返信・引用
  > No.93[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

帰還抵抗を小さくして、ゲインを必要なだけに小さくしたら、SGの出力がそこそこFLATにスイープ出来る様になったという事ですね。

画像の説明の6dBショート・・とかは意味が良く判らないので条件が不明ですが・・・・。
とにかく、おめでとうございます。

                          ^OAO^
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月 7日(水)21時58分20秒
返信・引用
  冨川さん、中島さん

LM7171ですが、200MHz(15V)がユニティゲイン周波数のためデータシートグラフから180MHz(12V)だと思われます。3kΩと200Ωで15倍にしていますが、計算では12MHzがGB積となります。
現状では完全に20MHzには・・・ノーマライズされるので測定には問題がないとのことですが。
そこで、データシートによると、帰還抵抗は510Ωで最適となっていますので510Ωと51Ω+VRで、2倍(6dB)だと10dB、1(0dB)倍だと7dBでした。
画像1:6dBショート
画像2:0dbショート
画像3:0dBオープン
LM7171は200円でもあり、20MHzで2倍前後で使用するにはすばらしいオペアンプかな?
LM6365Nが500円で秋月電子通商にありましたので、ゲットし実装してみたいと思います。
ケースに入れ完成は・・・もう少し掛かりそうです。
JG1CCLうちだ
 

Re: イベント紹介

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年12月 7日(水)21時33分41秒
返信・引用
  JF3VHW/1 タナカさんへの返信です。

> それから、各局、おみやげの音声合成ICの受け渡し方をご指定ください。
> 1日限定50個で1人2個までで制限されていましたが、開場の10時前には
> すっかり売り切れていました。次期量産の見込みは無いようなので貴重品です。
> しっかり遊びましょう。

Atmel社のICですが、面白いですね。
とりあえず、ブレッドボード上で遊んでみようかと・・・

昨年よりブースも増え盛況のようです。
ハムフェアに続き札幌SDRの中本さんを見つけました。

JG1CCLうちだ
 

Re: イベント紹介

 投稿者:JF3VHW/1 タナカ  投稿日:2011年12月 4日(日)22時57分49秒
返信・引用
  > No.81[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

というか、中島さん、内田さん、1日目お付き合いいただきありがとうございました。
私はやっぱり2日とも参加しちゃいました。特に2日目は買い物も一通り終わっていたので
1つ1つのブースの方とおしゃべりをしていたら、あっという間に夕方になって
いました。楽しいイベントを紹介いただき、ありがとうございました。

> > 1日目のThe Breadboard Bandと2日目の76477がオモシロそうです。
他のパフォーマンスは見られませんでしたが、この2つは見ることができました。
とても面白かったです。とくに76477さんのは同世代ということもあって、
共感できるところがあり、面白かったです。
Youtubeに数曲上がっていますので、ぜひ見てみてください。

あとは、安くプリント基板をつくる方法として、感光基板ではなく、
普通の紙にパターンをコピーしてアイロンでトナーを普通の基板に転写する方法を
教えてもらいました。あとは、エッチング液は画材屋さんで買うのが安いそうです。
皆さんご存知なのかなぁ。私は知らなかったので一度試してみたいと思います。
ネットで「プリント基板 アイロン」で検索すると結構知られた方法のようですね。

それから、各局、おみやげの音声合成ICの受け渡し方をご指定ください。
1日限定50個で1人2個までで制限されていましたが、開場の10時前には
すっかり売り切れていました。次期量産の見込みは無いようなので貴重品です。
しっかり遊びましょう。

         JF3VHW/1 タナカ
 

435MHz Trap

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年12月 4日(日)17時57分8秒
返信・引用 編集済
  JA1HXJ横溝さんのリクエストで地デジのTVI対策用として、TV受信用BOOSTERの前に挿入する435MHz帯のTrapを作成しました。430-440MHzは50dB減衰できています。UHF13Chの470MHz以上と400Mhz以下が通過帯域になっています。Chebyshevのπ型のBEFにしました。コイルは0.5Φのポリウレタン線を2.5mmのドリルの歯に4t(26nH)と約2mmの1t(3.4nH 写真参照)。2012のチップコンデンサ(CH)を使っています。調整後、銅製の箱は周囲を半田付けし密閉、熱収縮チューブを被せて完成です。
以前、紹介したGigaSt V5(TG付12GHzスペアナ)があると、こんな工作が出来て楽しめます。
 

Re: FGの外観公開

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月30日(水)20時25分1秒
返信・引用
  JG1CCLうちださんへの返信です。

> 出力にLM7171オペアンプがありますが、BNCへは51オーム、RCAへは600オームが並列に入っているの
>でしょうか。
はい。並列ではなく直列ですが、そのとおりです。実際は620Ωの抵抗を使っています。

>また、RCAが二個あるのはGNDをケースから浮かせているのでしょうか。でも絶縁型のRCAジャックでは
>ないようですが?
RCAジャックは絶縁型ではありません。

内田さん、質問が突っ込んだ所にヒットするようになりましたね。
まずはキット工作とは言え、例によって周辺回路図が無い事をお詫び申し上げます。

この手のオペアンプは帯域が広く馬力がありますので、ちゃんと使わないと不安定になります。
幸い、キット基板のオペアンプ周辺はしっかりしたGNDパターンがあるので、安心して使えました。
基板寸法は都合で切り詰めてしまいましたが。

出力部コネクタ付近で基板からケースに1点アースしています。
50Ω出力の配線は同軸でシールド両端がGNDに繋がっています。コモンモードチョークを入れると完璧ですが、短いので割り切っています。
RCAの600Ω系はオーディオL.R用限定です。100Khz止まりかな。50Ω系の邪魔にならないようにオペアンプの出力直近に620Ωの抵抗を2個つけています。配線は2芯シールドで、シールドはRCAコネクタ側のみGNDに落としています。

しょせん自励発振のSGですので、CNや残留FMは期待していません。試しに受信してみましたがお話になりませんでした。そういう用途の時にはDDSですね。AA-200が安定して使えます。

細かい薀蓄は省略しますが、イメージ掴めましたでしょうか。
 

Re: FGの外観公開

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月30日(水)12時10分18秒
返信・引用
  JR1OAO 中島さんへの返信です。

出力にLM7171オペアンプがありますが、BNCへは51オーム、RCAへは600オームが並列に入っているのでしょうか。また、RCAが二個あるのはGNDをケースから浮かせているのでしょうか。でも絶縁型のRCAジャックではないようですが?
JG1CCLうちだ
 

Re: FGの外観公開

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月29日(火)23時15分2秒
返信・引用
  > No.85[元記事へ]

JF3VHW/1 タナカさんへの返信です。

> うーん、小さなケースにこれほどぴったり収まるものかと感心しますね。
収まるのではなく、収めるのです。
一回り小さいケースを買ってきて、それに入れるチャレンジも楽しいものです。
コンパクトに出来ていると狭い作業スペースでもFBです。

> やっぱすごいや。必要な時に借りに行こっと。
> (必要な時があるのかというウワサもありますが)
スペアナと違って少々の事では壊れないと思いますので、遠慮なく使ってみてください。
超音波CWで鳥や犬がどんな反応するかの実験でもしますか。
 

ヘンテナでバードウオッチング

 投稿者:JF3VHW/1 タナカ  投稿日:2011年11月29日(火)22時35分10秒
返信・引用
  先日、シャック正面の窓に設置してある役立たずの6mヘンテナにつがいと思われる野鳥が羽を休めてました。上側の1羽がしきりにさえずっていましたが、下側の1羽は無反応でした。オスがメスを口説いてたんでしょうか?(なんか切ない)ほんとに目の前で一時間ほどバードウオッチングができました。写真でわかるかなぁ。ヘタクソなので・・・すみません。
 

Re: FGの外観公開

 投稿者:JF3VHW/1 タナカ  投稿日:2011年11月29日(火)07時41分45秒
返信・引用
  > No.82[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

> お待たせいたしました。中身をお見せいたします。
> 動作も完璧です。
> 5Hz~20MHzのSIN、三角波、矩形波がDUTY、LEVEL可変で出せます。

うーん、小さなケースにこれほどぴったり収まるものかと感心しますね。
やっぱすごいや。必要な時に借りに行こっと。
(必要な時があるのかというウワサもありますが)

JF3VHW/1 タナカ

 

Re: イベント紹介

 投稿者:JF3VHW/1 タナカ  投稿日:2011年11月29日(火)07時37分53秒
返信・引用
  > No.81[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> 会場はそれほど広くないので、1時間もあれば見られます。
> パフォーマンスに焦点を合わせて、合間に会場周りですね。
> 昨年は、マルツパーツのジャンクを300円(おまけでLED指はさみ取り)、SDRキットを1,700円で購入しました。
> 2011年12月3日(土)12時から18時
> 2011年12月4日(日)10時から17時

了解しました。朝一で行こうと思ってましたが、
けっこうゆっくりで大丈夫そうですね。
ありがとうございます。

ちなみにラジオライフのペディにも行こうと思っております。
散光式回転灯とか売ってたら買いそう・・・売ってないか。

    JF3VHW/1 タナカ
 

Re: イベント紹介

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月29日(火)07時02分22秒
返信・引用
  > No.81[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。
> JF3VHW/1 タナカさんへの返信です。

私も行こうかな。掘り出し物は早い者勝ちですね。^OAO^

 

Re: FGの外観公開

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月29日(火)00時25分14秒
返信・引用
  > No.62[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> JR1OAO 中島さんへの返信です。
>
> > 今作っているFGの外観です。
> > ここまで出来ていたら・・完成間近・・かどうかはお楽しみ。
>
> 130mm幅のケースに実装とは・・・中身が見たいですね。
>
> JG1CCLうちだ

お待たせいたしました。中身をお見せいたします。
動作も完璧です。
5Hz~20MHzのSIN、三角波、矩形波がDUTY、LEVEL可変で出せます。
 

Re: イベント紹介

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月28日(月)23時29分31秒
返信・引用
  > No.80[元記事へ]

JF3VHW/1 タナカさんへの返信です。

> これですが朝何時からやってるかご存知ですか?
> 行ってみようとおもっております。
> 午前中は会場回り、午後からはパフォーマンスを見るって感じなんでしょうか?
> 1日目のThe Breadboard Bandと2日目の76477がオモシロそうです。
> 近いので2日とも行こうかなぁ。
>
> JF3VHW/1 タナカ

会場はそれほど広くないので、1時間もあれば見られます。
パフォーマンスに焦点を合わせて、合間に会場周りですね。
昨年は、マルツパーツのジャンクを300円(おまけでLED指はさみ取り)、SDRキットを1,700円で購入しました。
2011年12月3日(土)12時から18時
2011年12月4日(日)10時から17時

時間がとれれば初日に行きたいと思います。

JG1CCLうちだ
 

Re: イベント紹介

 投稿者:JF3VHW/1 タナカ  投稿日:2011年11月28日(月)22時00分25秒
返信・引用
  > No.76[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> ●Make: Tokyo Meeting 07・・・昨年行きましたが結構面白かったです。
> 開催日: 2011年12月3日(土)、4日(日)

これですが朝何時からやってるかご存知ですか?
行ってみようとおもっております。

午前中は会場回り、午後からはパフォーマンスを見るって感じなんでしょうか?
1日目のThe Breadboard Bandと2日目の76477がオモシロそうです。
近いので2日とも行こうかなぁ。

JF3VHW/1 タナカ
 

イベント紹介

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月27日(日)23時24分35秒
返信・引用
  二つほどイベントをご紹介します。
●Make: Tokyo Meeting 07・・・昨年行きましたが結構面白かったです。
開催日: 2011年12月3日(土)、4日(日)
会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区大岡山2-12-1)
交通:東急大井町線、目黒線「大岡山駅」徒歩1分
参加費:無料
主催:株式会社オライリー・ジャパン
共催:東京工業大学、多摩美術大学 情報デザイン学科
協力:東京工業大学博物館、東京藝術大学情報芸術センター、東京工芸大学 インタラクティブメディア学科
運営:Make: Tokyo Meeting実行委員会事務局
http://www.oreilly.co.jp/mtm/07/

●東京ペディ2011・・・ジャンク市があるとのことです。
日時:2011年12月23日(金・祝)AM11:00 ~ PM4:00
会場:東京・秋葉原 ベルサール秋葉原2F HALL
主催:三才ブックス株式会社
http://blog.livedoor.jp/radiolife1980/archives/51615875.html

JG1CCLうちだ
 

Re: 鈴蘭堂(SRD)

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月26日(土)09時00分54秒
返信・引用
  > No.73[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

>いわゆる鈴蘭堂は2007年に廃業?でしょうか。
そうですね。
-----
弊社は1947年(昭和22年)5月の創業以来、電子機器キャビネットやケースの製造販売並びに関連電子部品の販売を続けてまいりました。
取分け、真空管アンプ・シャーシについてはオーディオ・ファンの皆様の熱いご厚情に支えられ営業を続けてまいりましたが、創業60年目にあたる本年、不本意ながらその歴史に終止符を打つに至りました
-----
最近もやめてしまうお店が多くありますので、残念です。

> > 旧LAOXビルの敷地に確か本店があって、ビルが経(→建)ってからは地下1階になったかと思います。ラジオデパートにもあったかな?
> 今有る秋葉原のラジオデパートの2Fのケース屋さんも鈴蘭堂と言う店名ですが、関係は?です。
2階のどこでしたっけ?本屋の並び・・・桜屋の裏側???

> 懐かしいですが、私はあまり真空管を使った自作はしなかったのと、高級ケースには手が出なかったので使った記憶がありません。もっぱらアルミを曲げただけの素シャーシでした。
中学生の頃、2球高一ラジオの部品を買いに秋葉原に行って、本店で素シャーシを買ったのが最初かな。
ショールームに憧れたいたのを思い出します。その後は、社会人になってから買ったままのケースが押入れに・・・やっとMICアンプでお披露目になる予定です。

JG1CCLうちだ
 

Re: 鈴蘭堂(SRD)

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月26日(土)07時09分17秒
返信・引用
  > No.72[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> ケース(M型とT型)を4個持っていますが、鈴蘭堂(SRD)をご存知の方いますか?
いわゆる鈴蘭堂は2007年に廃業?でしょうか。

> 旧LAOXビルの敷地に確か本店があって、ビルが経ってからは地下1階になったかと思います。
> ラジオデパートにもあったかな?
今有る秋葉原のラジオデパートの2Fのケース屋さんも鈴蘭堂と言う店名ですが、関係は?です。

> そういえば、カタログがどっかにあったのではと探しています。見つかり次第博物館に展示したいと思います。
> あの頃、ケースといえば鈴蘭堂・・・だったかな。
懐かしいですが、私はあまり真空管を使った自作はしなかったのと、高級ケースには手が出なかったので使った記憶がありません。もっぱらアルミを曲げただけの素シャーシでした。

     ^OAO^
 

鈴蘭堂(SRD)

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月24日(木)22時57分25秒
返信・引用
  ケース(M型とT型)を4個持っていますが、鈴蘭堂(SRD)をご存知の方いますか?
旧LAOXビルの敷地に確か本店があって、ビルが経ってからは地下1階になったかと思います。
ラジオデパートにもあったかな?
そういえば、カタログがどっかにあったのではと探しています。見つかり次第博物館に展示したいと思います。
あの頃、ケースといえば鈴蘭堂・・・だったかな。
JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月24日(木)00時23分4秒
返信・引用
  冨川さん、中島さん

FRMSは2月21日にCYTEC/内田さんから納品がありましたが、「情報の泉」への書き込みからはカレコレ10ヶ月を経過しています。冨川さんとのご縁もFRMSだったと思います。

USB接続のオシロスコープでDDS、LPF、LM7171、2SK125を実装後等を実測する予定です。
本日(昨日?)は、ホームページを更新してノンビリしていました。

>LM7171、難しいバランス感覚、高級な測定器、要するに使い方の問題、終端するのが正しい方法
了解です。ものづくりの基本として肝に銘じておきます・・・一人で悩むのも必要だと思いますが、RF初心者にとっては、進む方向をアドバイスいただけるのは、心強くとても感謝しております。
今後とも怖ーいアドバイスをお願いします(笑)。

>>ケース
> これは上手に作っていますね。
> 今度作り方を教えて下さい。
冨川さんに褒めてもらえるとは・・・耐水/耐光性の保護フィルムラベルを使って作製しています。
FRMS完成時には、詳細を掲載します。

追伸
やっと、鈴蘭堂のケース加工が完了です。12AU7のMICアンプも近々お披露目できると思います。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI/冨川  投稿日:2011年11月23日(水)12時04分58秒
返信・引用
  > No.67[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

> CCLさん、まずはマニュアル通りに作った後、自分の思い通りに改造するのもキット作りの醍醐味じゃないでしょうか。頒布者には失礼かも知れませんが・・・。

これをこうすると良くなる・・とか、DDSを最新のに変える場合のソフトは・・とかは皆さん大歓迎ではないでしょうか。

> ノーマライズするから云々はあまり賛成できません。
> アクティブ回路の場合、限られたスルーレートですから入力レベルが低いときと高い時でF特が変化する事もありますよね。被測定物に入れる信号はなるべくFLATにしておいた方が良いと思います。

↓でも書きましたがそのとおりですね。

> あと、レベルの確認はパワー計の様な間接測定ではなく、オシロでの直接波形確認をお勧めします。

パワー計は低いレベルが苦しいと思いますが、オシロもF特があるのでどうなのでしょう?
私の安物オシロは使えません。
スペアナを使うのも考えものですけど・・

> 手元にDDSがあれば、Rラダーの後ろの所からどんな動作になっているのか興味があるので見てみたいのですが、136kHzのTXに組み込んじゃったので残念。LPFが無いとクロック混じりの凄い波形だった記憶があります。その中から基本波を取り出すのですからもう少しDDSのお勉強したかったです。

クロックの他に、クロック-目的、クロック+目的等々が混じります。
相当に高いのでLPFで簡単に除去できますが、高次で近接してくるとどうしようもありません。

> ノイズフロアに対する冨川さんのメッセージは
> ・レベル検波器のS/Nじゃなくて測定限界で考えましょう(ノーマライズ)
> ・入力のドライブインピーダンスでノイズは変わります(入力終端)
> ・SGからの回り込み等も考慮して動作状態に(SG出力終端)
> という事ですね。測定条件は絶対的なものでは無く、その目的で考えた方が良いかも知れません。
> そしてそれを明確にしておけばいいのです。

そのとおりです。

> こういうレスするから怖がられるのかな。
> 私も普通のおじさんです。鬼扱いしないでください。怖くないですよぉぅ。
> (皆さん"笑"が好きなようで・・。今度、笑笑で呑みましょう。(笑))

笑笑で笑いましょう(笑)
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI/冨川  投稿日:2011年11月23日(水)11時41分10秒
返信・引用
  > No.66[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

おはようございます。
暫く普通の勤務のJE1UCIです。

> ・ますは切り分けとしてOUTかINかなのですが、RF-OUTをFCZのQRPパワー計で計るとグラフとほぼ同じ数値を示します。ということは、DDS出力/LPF(冨川さんの指摘でほぼ影響ないかな!)/LM7171が原因ということでしょうか。

たぶんLM7171とは思います。
でもICが悪いのではなく、たぶんそういう思想があるのだと思います。
AFでも動くFRMSですから。
私なら安易にMMICで済ましてしまうでしょう。

> ・基本的なことですが、約20dB落ちるのは異常で許容範囲なのは(例えば約8dB)という感覚でいいのでしょうか?このあたりの嗅覚がないので、RFは今一よくわかりません。

これは難しいバランス感覚です。
8でも20でもノーマライズすれば同じという感覚もアリと思います。
ところが、アンプの特性を測ろうとすると、大御所さんの言われるとおりフラットが望まれます。
アンプのF特は飽和するレベルよりも相当下がったところで測りますから、変動すると全くダメではないとしても、とっても使い難くなります。私は元々アンプの測定には使っていません。

ほんの0.1dB程度まで追い込んで、あとは仕方ないからノーマライズするというのが高級な測定器でしょう。これは元々無理な話です。
要するに使い方の問題です。
20でも特性を知って使えば問題はないわけです。
FRMSが得意とするのは、狭い周波数での通過特性を測ることです。つまりクリスタルフィルタの測定。
LCのLPFはちょっと苦手。HPFはもっと苦手。

> ・ケース実装後のノイズフロアーの計り方のですが、IN-OUTとも50Ωで終端して計測すればいいのでしょうか。冨川さんや仙波さんが掲載している数値はこの計測条件なのでしょうか。

実際にどうやって測ったのかは記憶にありません。
終端するのが正しい方法ですが、実際には終端してもしなくても変化は見られません。

付け加えると、何でノーマライズかというと、FRMSは入力に周波数を選択する機能がありません。
ノーマライズしないと、横軸が単なる時間軸になってしまいます。(見方によっては)
しておけば、使えるレンジの幅が見える、という事になります。

> 写真:本日中身が入らずリグの上に置かれたケース

これは上手に作っていますね。
今度作り方を教えて下さい。

JE1UCI/冨川
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月22日(火)01時01分2秒
返信・引用 編集済
  JG1CCLうちださん、JE1UCI/冨川さんへの返信です。

CCLさん、まずはマニュアル通りに作った後、自分の思い通りに改造するのもキット作りの醍醐味じゃないでしょうか。頒布者には失礼かも知れませんが・・・。

ノーマライズするから云々はあまり賛成できません。
アクティブ回路の場合、限られたスルーレートですから入力レベルが低いときと高い時でF特が変化する事もありますよね。被測定物に入れる信号はなるべくFLATにしておいた方が良いと思います。

作っていないのでこんな事を言うのは失礼ですが、
私なら、帯域の性能限界は仕方ないとしても、ダラダラ下がりはOPがあるならそこでFLATにする補正を検討します。でも18dBは無理、8dbでも歪ませたら駄目ですから、まずは下げないように何処が下がっているか検証ですね。出来る範囲で無理は禁物です。

あと、レベルの確認はパワー計の様な間接測定ではなく、オシロでの直接波形確認をお勧めします。
絶対値測定をしておかないと、誤差が積み重なって何をやっているのか判らなくなりがちです。
何をやっているのか判らなくなっている事が判らない場合もありますので・・・。
使っていないときならお貸ししますので言ってください。

手元にDDSがあれば、Rラダーの後ろの所からどんな動作になっているのか興味があるので見てみたいのですが、136kHzのTXに組み込んじゃったので残念。LPFが無いとクロック混じりの凄い波形だった記憶があります。その中から基本波を取り出すのですからもう少しDDSのお勉強したかったです。

ノイズフロアに対する冨川さんのメッセージは
・レベル検波器のS/Nじゃなくて測定限界で考えましょう(ノーマライズ)
・入力のドライブインピーダンスでノイズは変わります(入力終端)
・SGからの回り込み等も考慮して動作状態に(SG出力終端)
という事ですね。測定条件は絶対的なものでは無く、その目的で考えた方が良いかも知れません。
そしてそれを明確にしておけばいいのです。

こういうレスするから怖がられるのかな。
私も普通のおじさんです。鬼扱いしないでください。怖くないですよぉぅ。
(皆さん"笑"が好きなようで・・。今度、笑笑で呑みましょう。(笑))
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月21日(月)23時48分27秒
返信・引用
  > No.65[元記事へ]

JE1UCI/冨川さんへの返信です。
> JR1OAO 中島さんへの返信です。
> 確かに気持ち悪いです。

怖ーい(笑)大御所連(複数)に、気持ち悪いと言われるとさすがにケースに実装する気持ちにはなれないですね。恐らく、キャリブレーションするのでFRMSとしての測定には支障ないとの見解がCYTEC/内田さんの言っていることだと思いますが。

とはいえ、問題解決の試みです。
・ますは切り分けとしてOUTかINかなのですが、RF-OUTをFCZのQRPパワー計で計るとグラフとほぼ同じ数値を示します。ということは、DDS出力/LPF(冨川さんの指摘でほぼ影響ないかな!)/LM7171が原因ということでしょうか。
・基本的なことですが、約20dB落ちるのは異常で許容範囲なのは(例えば約8dB)という感覚でいいのでしょうか?このあたりの嗅覚がないので、RFは今一よくわかりません。
・ケース実装後のノイズフロアーの計り方のですが、IN-OUTとも50Ωで終端して計測すればいいのでしょうか。冨川さんや仙波さんが掲載している数値はこの計測条件なのでしょうか。

写真:本日中身が入らずリグの上に置かれたケース

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI/冨川  投稿日:2011年11月21日(月)22時49分32秒
返信・引用
  JR1OAO 中島さんへの返信です。

> DDS自体は動きさえすれば高域でそんなに下がらないと思いますがどうでしょうか。
> LPFのFcをもっと上にするとかDDSのクロックにトラップを入れるとかで
> もっと伸びませんかね。L 3個つかって7次?もあったら何かできそうですが。
> Fcでスッと落ちるのなら良いですが、だらだら落ちているのも気持ち悪いですね。

最初はコンデンサの値でも間違えたかと思いましたが、そうでも無さそうですね。
確かに気持ち悪いです。
元々適当なLPFで十分だし、LPFが原因では無さそうです。
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI/冨川  投稿日:2011年11月21日(月)22時43分50秒
返信・引用
  > No.61[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> 最初は、ほぼ平行(飽和)なのでぬか喜び、約18dB下がっているのが気になり、
> CYTEC/内田さんにもご相談しました。
> OPアンプLM7171のみの実装では、CYTEC/内田さんのホームページ掲載画像もこんな感じでした。
> また、2SK125をブ-スト用FETで実装すると、ほぼ8dBの出力特性画像が掲載されてました。
> 冨川さんのFRMSはLM6365と2SK125の組み合わせですか?

そのとおりのノーマル仕様です。
2SK125付けちゃった方が良さそうですね。
ノーマライズすれば同じとはいえ、それだけ下がるのは・・って思います。

> ケースに組み込む前の稼働確認ですので、基板むき出し状態です。
> ケースに入れてから、また報告します。

そっちよりも設定が不明という事もあります。
ノーマライズした状態で接続を外し、両方を50Ωで終端し、
ノイズフロアレベルをチェックした場合どうなるかです。
ケースに入れると悪化すると思います。

> > さすがに鋭い指摘と思います。
> 鋭すぎて時々怖いです(笑)。

やっぱりそうですか。
私は普通の人ですので怖くないです。(笑*2)
 

Re: FGの外観公開

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月21日(月)12時49分27秒
返信・引用
  > No.60[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

> 今作っているFGの外観です。
> ここまで出来ていたら・・完成間近・・かどうかはお楽しみ。

130mm幅のケースに実装とは・・・中身が見たいですね。

JG1CCLうちだ
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JG1CCLうちだ  投稿日:2011年11月21日(月)12時43分25秒
返信・引用
  > No.58[元記事へ]

冨川さん、こんにちは(お昼休み・・・です)。
JE1UCI/冨川さんへの返信です。

> 本当だ!
> 私のは1-20で8dBでした。
> 無理やり20MHzまで使ってるので下がるのは仕方ないのですが、
> 20dBは下がり過ぎでは・・
> 出力回路が違う影響?
最初は、ほぼ平行(飽和)なのでぬか喜び、約18dB下がっているのが気になり、
CYTEC/内田さんにもご相談しました。
OPアンプLM7171のみの実装では、CYTEC/内田さんのホームページ掲載画像もこんな感じでした。
また、2SK125をブ-スト用FETで実装すると、ほぼ8dBの出力特性画像が掲載されてました。
冨川さんのFRMSはLM6365と2SK125の組み合わせですか?

> 条件が解りませんので、ノイズレベルは・・です。
ケースに組み込む前の稼働確認ですので、基板むき出し状態です。
ケースに入れてから、また報告します。

> さすがに鋭い指摘と思います。
鋭すぎて時々怖いです(笑)。

JG1CCLうちだ
 

FGの外観公開

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月20日(日)15時47分27秒
返信・引用
  今作っているFGの外観です。
ここまで出来ていたら・・完成間近・・かどうかはお楽しみ。

ケースは130x30x90(タカチのYM-130)
中身はMAX038を使った秋月のキットです。
ケースに収まるように基板はカットしています。
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月20日(日)15時38分0秒
返信・引用
  > No.58[元記事へ]

JE1UCI/冨川さんへの返信です。

> 出力レベルを直接読むので高調波は誤差要因になります。
そうでしたね。AD8307を使っているんだった。

DDS自体は動きさえすれば高域でそんなに下がらないと思いますがどうでしょうか。
LPFのFcをもっと上にするとかDDSのクロックにトラップを入れるとかで
もっと伸びませんかね。L 3個つかって7次?もあったら何かできそうですが。
Fcでスッと落ちるのなら良いですが、だらだら落ちているのも気持ち悪いですね。
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JE1UCI/冨川  投稿日:2011年11月20日(日)14時17分50秒
返信・引用
  > No.57[元記事へ]

JR1OAO 中島さんへの返信です。

> > 画像1:1-20MHz出力
> これってDDSの出力を例の20MHzのLPFを通した後ですか?
> 20MHzで20dB下がっているのは正常ですか?

本当だ!
私のは1-20で8dBでした。
無理やり20MHzまで使ってるので下がるのは仕方ないのですが、
20dBは下がり過ぎでは・・
出力回路が違う影響?

> > 画像2;フロア-レベル
> ノイズレベル低いですね。
> スキャンの帯域はどの位なのでしょう。
> スキャンのスピードはゆっくり?

条件が解りませんので、ノイズレベルは・・です。
スペアナ+TGと違って帯域はないです。
出力レベルを直接読むので高調波は誤差要因になります。

さすがに鋭い指摘と思います。
 

Re: FRMS稼動確認

 投稿者:JR1OAO 中島  投稿日:2011年11月19日(土)20時17分42秒
返信・引用
  > No.56[元記事へ]

JG1CCLうちださんへの返信です。

> ありがとうございます。USBから電源供給していないので気をつけないといけないですね。
USBからの給電でも保安アースが施されている機器と繋ぐ場合は要注意です。

> 画像1:1-20MHz出力
これってDDSの出力を例の20MHzのLPFを通した後ですか?
20MHzで20dB下がっているのは正常ですか?

> 画像2;フロア-レベル
ノイズレベル低いですね。
スキャンの帯域はどの位なのでしょう。
スキャンのスピードはゆっくり?

> 画像3:ラインフィルター
> 電源部分にラインフィルター(13.8V→12V変換付)を入れようかと考えています。
良くわかりませんが、そんなにシビアーなのかな。
FRMSは5Vに落として使っているんですよね。

今作っているFGは同じく秋月のキットですがMAX038を使った20MHzまで出るやつです。
ACアダプタも込みで130x30x90(タカチのYM-130)のケースに収めます。
 

レンタル掲示板
/10