teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:186/352 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:熱川 潔  投稿日:2011年 3月10日(木)06時55分18秒
  通報 編集済
  政治主導で日本の社会を変革する。
そんな気概は地方議会の議員にはないのだろうか。
読売オンラインにこんな記事が載っていた。
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/news/20110307-OYT1T01223.htm

なんと、
「「議会側から政策条例案を出した」は18%にとどまった。」とある。
地方議会の議員が条例を提案するというのが全国でたった18%だ。

当然、羽村市はゼロであろう。
国に先駆けて地方議会で政策条例を出してもいいのではないか。

つまらない質問だけで終わらせて、何の提案もしない、
身近な市民社会の発展を考えない議員は必要としない。
今の地方議会の議員はタダ飯を食っているようなものだ。

国政ではマニュフェストも見直してもいいのではないか。
マニュフェストで約束したからといって、それにこだわることはない。
現実を見て、やれること、やれないことを、
国民に分かりやすく説明して、見直すことだ。

華々しく設けた「国家戦略相」はどうなったのだろうか。
国民は、国家戦略相がテレビ・マスコミに顔だし、
新しい民主党の政策をバンバン打ち出すイメージを描いているのだが。

こういった国家戦略の一翼を担うのも、地方議会の議員の条例提案ではないのか。
議員は羽村市の価値を高めるような実りある政策提案を
会派を超えて実現するべきだ。
政治方向はまちがっていないのだから。
 
 
》記事一覧表示

新着順:186/352 《前のページ | 次のページ》
/352