teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/352 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

並木心市長は昭島市可燃ごみ受入れを否定していない。

 投稿者:勿来 龍  投稿日:2017年 1月 7日(土)13時49分28秒
  通報
  昭島市は「西多摩衛生組合が昭島市可燃ごみを受け入れることは経費的に双方にメリットがある。」と。
西多摩衛生組合の管理者でもある並木市長にすれば大きな利権も手に入るだろうが。
わざわざ昭島のごみなど受け入れるなど、羽村市民にとってはなんのメリットもない。
デメリットばかりである。
美しい自然豊かな羽村市を、昭島市のごみ捨て場にするな。

門間ひで子議員が3月2日、6月13日、9月8日、12月7日、鈴木卓也議員が9月8日、12月8日の羽村市議会で質問している西多摩衛生組合の「昭島市可燃ごみ受け入れ問題」である。

http://www.kensakusystem.jp/hamura-vod/index.html

福生市と羽村市を合わせたぐらいの昭島市の可燃ごみを、平成32年度から西多摩衛生組合で受け入れるという。今年10月に誕生した新昭島市長から、すでに西多摩衛生組合への加入要請の文書がきているという。最初に昭島市から相談があったのは一昨年とのこと。


なぜ、羽村市から離れた昭島市の可燃ごみを受け入れるのか。
立川市は、昭島市との境に新たに新焼却施設の建設計画を立てているにもかかわらず。
昭島市はこの立川市の新焼却施設計画には参加しないという。

昭島市のごみは昭島市の自区内で処理するのが当然である。
昭島市民は自分のごみを立川市との境で燃やすのは厭だということだろうか。
全く身勝手な昭島市民だ。

美しい自然豊かな羽村市に、昭島市の可燃ごみを持ち込み燃やしたら、煤煙はおろか、二酸化炭素、一酸化炭素、有害ガスは、羽村市民に降り注ぐではないか。
並木市長は羽村市を「ごみシティ」でプロモーションでもするのか。
我々の住環境の悪化、地域の価値を下げるだけだ。
地元町内会だけでなく羽村市民全体にかかわる問題だ。

もし昭島の大量ごみを勝手に受け入れることになれば「売国奴」そのものだ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/352 《前のページ | 次のページ》
/352