teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:180/1088 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

武利武華山行について

 投稿者:Came  投稿日:2015年12月 8日(火)15時04分18秒
  通報 編集済
  お世話になっております。
検討会に際しまして別の山行計画を出させていただきたくこの場をお借りします。
本来、合宿ではないので掲示板での検討は不要かとも思いますが、
冬季休み中に出ることと日程が少し長めのため、簡単にご紹介させていただくことにいたしました。
山自体はフラテでも1年生を連れて行った記録もあり、ザイルなども練習以外では出していない山域ですが、ご助言有りましたら有り難く存じます。

武利・武華ピストン
【日程】 1月初旬 3泊4日(予備2)
【メンバー】L: CAME(5) SL: SHIMI(3) M: KASA(3)
【装備】 個人:冬山標準、スキー、スノーシュー、EP
共同:ラジオ、4テンset、標識(15)、医修、スノーソー、コッヘル、DF、灯油2L
【コースタイム(日の出7時、日の入り16時】
初日 6:00部室集合→12:00イトムカ川林道入り口→14:00登山口C1
2日目 6:30dep→12:00前ムカ→武華山アタック→13:30前ムカ→15:00最低コルC2
3日目 7:00dep→11:00武利岳→15:00 C3(=最低コル)
4日目 6:30dep→9:30前ムカ→13:30イトムカ川林道入り口下山
(予備2日)
http://www.yamareco.com/modules/yr_plan/showmap.php?plid=175155&mode=cyberjapan
【引き返し時間】
武華山アタック13:00
武利岳アタック(3日目および予備日)12:00
往路に武華アタックせず、帰路中にアタックする場合は11:00引き返し
【諸注意】
・林道終点からはスノーブリッジ渡渉が何カ所かあり、踏み抜いた記録あり。コースタイム長いので慎重に渡る。
・1574尾根は夏道がついているが、必ずしも忠実には登らない。最大斜度は25度、登り時弱テの可能性あり。
・尾根上はヤブが多く、スキーで登るのにも難渋するかもしれない。念のため平野に出るところに受け皿設置。
・2年前、前ムカでテントを張ってフライを飛ばされる。結果下げて樹林内に張りなおした記録あり。
・他記録を見てもテン場は1720付近(=樹林限界)と書いてあり、この辺りを予備テン場とする。
・前ムカデポからアタック装備で武華山へピストンする。稜線も細くはないのでスキーで行く予定とする。
・前ムカから最低コルへの下りがブッシュ帯であり、スキーでの滑降が厳しければスノーシューに換装する。
・最低コルではテントを張っている記録があるがブロック作成が難とのこと。樹林まで下げるか雪洞も考慮。
・2日目の武利岳へのアタックが核心である。アタック装備(コルにテントごとデポ)、スノーシューで出発。
・1760の分岐は迷いやすいとの表記多数。受け皿を打つ。また、武利岳ピークも尾根が分かれており受け皿。
・武利岳稜線で細いのは一部も、落ちたらもちろん危ないので注意。風が強く、一部土が出ているところもある。
・稜線上の難所は急登→岩→岩で位置は多数の記録で一致している。東側に雪庇が張るので基本的に西から巻く。
【行動・視界条件】
・天気予報で悪天(2つ玉など)が予想されたら入山を遅らせる。
・登山口からの登りは視界50メートル。
・武利岳アタックは視界200メートル。風はメンバーが振られない程度。
【参考記録】
 ヤマレコ 1996年02月11日~12日、2012年02月24日(AACH)、
低山歩き 2014年1月初旬 オタクは山が好き2003年1月8日~11日
 フラテ 2013年3月18日~17日331(前ムカで引き返し)、2010年4月24日~25日321
 2006年1月28日~29日421、2003年2月8日~9日433
1990年3月1日~4日433211
【事故記録】北海道警察HPには記載なし。ネット検索当たらず。
 
 
》記事一覧表示

新着順:180/1088 《前のページ | 次のページ》
/1088