teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


レンガ便り201803

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2018年 4月 9日(月)22時21分11秒
返信・引用
  のちほど  
 

レンガ便り201802

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2018年 4月 9日(月)22時20分55秒
返信・引用
  のちほど  

レンガ便り201801

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2018年 4月 9日(月)22時20分36秒
返信・引用
  のちほど  

レンガ便り201712

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2018年 1月 2日(火)17時48分31秒
返信・引用 編集済
  今月は、音階練習を音程良く丁寧に良い音で弾けるようにレッスンを行いました。
弓の持ち方も丸く、やわらかくして弓の返しも丁寧に頑張りました。
次回の発表会「レンガの家のコンサート2018」に向けて良い音作りを頑張っていきましょう。

発表会の選曲も行い、独奏&合奏がほぼ決まりました。
合奏はどれも今年の人気曲で楽しい曲ばかりです。
今から楽しみですね。

12月といえばベートーベンの交響曲第九番
今年も演奏し、打ち上げで盛り上がってきました。
この曲を演奏すると、今年も終わりだなって思いますね。
毎日が忙しく、1年があっという間です。

朝起きて、朝食作り、お弁当作り、洗濯してヴァイオリンのレッスン。
卓球の練習に出かけ、帰宅後もレッスン、夕食、送り迎え。
お風呂に入り、夜は子供の卓球か勉強。
夜中に卓球の練習の録画を観て1日の反省をして、就寝。
土日はさらに試合や演奏会が入ってくるので大忙しです。
忙しくても朝はなるべく新聞を読み、電車での移動中は
なるべく読書タイムにしています。

今月はアジア・ベテランの試合が静岡であり、コーチの応援に行ってきました。
中国、台湾、香港、などから強い選手が出場していました。
友人からご紹介をいただき、全日本卓球選手権マスターズ函館大会40代男子シングルスのチャンピオンの方とお話しができました。
函館大会の決勝戦も観ていて、あまりのプレースタイルの良さに感激でした。

お話しできるだけでもうれしいのに、試合の後は練習室で、
「ラケットを貸してあげるから一緒に練習しようよ」とお誘いいただき、信じられないことに
函館大会のチャンピオンラケットをお借りして、1時間ほど練習をしていただけました。
楽しすぎて、あまりのうれしさに、今でも昨日のことのように思い出されます。
本当に感謝しています。ありがとうございました。
私も頑張ってマスターズの代表になれば、本戦でお会いできます。
その時にまたお礼を言いたいです。
2日間とも日帰り新幹線できれいな富士山をみながら息子も連れて楽しんできました。

24日クリスマスイヴは卓球の練習。夜は家でパーティー。
29日までは、レッスンと卓球の繰り返しであっという間に1日が終わり、
30日は強い選手との練習試合で1年の成長を確認し、忘年会。
2次会へも行き、とても楽しすぎる1日となりました。
31日も年内最後のレッスンをして、卓球の生徒さんとは2時間100本ラリー特訓。
そのあと息子と500本ラリーをやり、家族そろっての大掃除。
年越しそばを食べ、今年最後の夕食。
「今年は夢が叶ったとても良い年であったことに感謝し、来年も引き続き良い年になりますように」と乾杯し、カニ鍋をおいしくいただきました。

この1年、皆様はどんな年でしたか?
私の2017年を振り返って

<ヴァイオリン>
先生から注意されたことがなかなか上手く出来ずに、何度もあきらめかけましたが、
少しずつ良くなってきています。より一層良い音が出せるように頑張ります。
改革に5年かかりました。

<映画のワンシーン>
昨年はオーケストラ演奏シーンでチャイコフスキー交響曲4番を弾いているところが
映りました。今年は卓球の映画で一瞬ですが映りました。
2日間人気俳優と映画撮影ができ、貴重な体験となりました。

<卓球>
意外なことに娘が卓球部に入り、ペンからシェークに変更。
卓球の生徒さんや学校のお友達と一緒に練習をしたり、試合をしたり、
そこに息子も加わり、我が家はとっても盛り上がってきました。
親子では上手く出来なかった卓球。
娘がこんなに楽しそうに卓球をやる日が来るとは思いませんでした。

娘が楽しく卓球をやれているのは、卓球部の先輩方にとてもやさしく親切に教えて
いただけているからです。
顧問の先生にも多球練習をしていただき、とても上手になり、新人戦では5位に入賞出来ました。
ありがとうございます。

私も目くじらをたてずに、楽しくやりながら、
自分の目指す選手に近づけるように少しずつ焦らずやっていこうと思います。

今年は、音楽、卓球ともに、素敵な方々と出会える素晴らしい年でした。
自分が一生懸命にやれば新しい出会いがあり、楽しみも増えれば、大変なことでもきっと壁を
乗り越えられるのだと思います。
昨日の自分を越えられるように、来年もまた頑張っていきたいと思います。

家族もみんな元気で、それぞれ自分のやるべきことをしっかりとやり、
それぞれ成果が出た1年でした。

私もとても充実した1年間で、振り返ると楽しすぎました。
「頑張っている人と一緒に、頑張っていける環境にいられること」に感謝しています。

私を支えてくださっているたくさんの方々、
生徒さん、生徒さんのご家族、レンガファミリーの皆様、音楽仲間、
そして卓球のコーチ、練習をしてくださる方、合宿や試合会場でお世話になる方、
メールやお電話で応援してくださる方、そして私の家族。
本当にありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えください。

 

レンガ便り201711

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2017年11月30日(木)18時28分23秒
返信・引用 編集済
  今月のレッスンは、1音ずつ丁寧に音程を合わせながら音階練習。
皆さん、先月よりも根気よく出来るようになってきました。
左手の形、肘の高さ、毎回確認しながら取り組んでいきましょう。
来月からは発表会に向けて選曲をして、譜読みを開始したいと思います。

オーケストラの本番も無事に終わり、次の日は久しぶりに
今話題の卓球の「ミックス」を観に映画館へ行きました。
卓球のミックスダブルスで、全国大会を目指して神奈川県予選を突破するために
猛練習するコメディー映画。
私は試合のシーンで撮影協力をしたので、少しでも映るかな?と思いながら、
試合シーンになると、
「おーっと、ママいた、いたよ!」と一瞬でしたが、娘も見つけてくれて大変盛り上がりました。
ぜひ皆さんも観てくださいね。

<卓球>
卓球を再開し、シングルスのみを頑張ってきましたが、少しずつダブルスにも挑戦しています。
早速、ペアマッチの試合に出てみました。
2人で1組の試合で、1番シングルス、2番ダブルス、3番シングルスで2点勝った方が勝ちです。
決勝は強いペアにあたり、私のミスでダブルスを落とし、1-1となり3番の私のシングルスにかかっている。セットカウント2-2になり、相手は20代でものすごい強さで攻撃してくる。
何とか頑張って、ギリギリで勝てて、優勝出来ました。
みなさま、たくさんの応援ありがとうございました。

<全日本卓球選手権マスターズの部>
新潟で開催され、父が出場し、熱戦となりました。

女子40代シングルスで優勝した選手は?
え?まさか。と旧姓を調べると、小学校のころから別格の強さで中学以降も大活躍していた選手。
今も卓球を続けていて全国優勝とは素晴らしいですね。
「なつかしー。会ったら分かるかな?すごく変わっているのかな?」
なんて友達と話していたら、
「今度卓球合宿があって、彼女も参加するけど一緒に来る?」と誘ってもらえてびっくり。
私1人だけ弱すぎて戦力外で恐縮ですが、こんな機会はもうないだろうと
卓球合宿に参加させていただくことになり、同じお部屋にもしていただきました。
「中学生の頃、私も神奈川県の強化メンバーに選ばれて、県の強化合宿で一緒になったことも
あるんだよ。あの合宿所、懐かしー。あの子は今何をしているのかな?卓球をやっているかな?」
などなど共通の友達も多く、懐かしい話で盛り上がりました。
練習&懇親会でも、たくさんの方に良くしていただき、新しいお友達も出来て
とても楽しかったです。
お誘いいただき、ありがとうございました。貴重な体験となりました。
 

レンガ便り201710

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2017年11月 1日(水)00時26分18秒
返信・引用 編集済
  今月は、音階を音程良く弾くことを中心にレッスンしました。
なかなか音程が合わなくて難しいですね。

多くの生徒さんが、
「家で音階練習をやるのはつまらないなー。曲だけ練習してきました。」と言います。
またかー、と私はがっかり。

でも音階練習をやらないと、いつまでたっても上達が出来ないので、
「はい、レッスンに来たときには、しっかりやるよ-。」と
根気よくレッスンをやっています。

生徒さんは、思うようにできない自分に悔しくて泣いてしまう。
「家で少しでも練習してくれば、出来るようになるし、泣かなくてすむよ。」と、なぐさめる。

泣きながらでもちょっと出来るようになったときは、
「やれば出来るねー。すごいよねー。素晴らしい」と、大げさなくらい褒めます。

そうすると、次のレッスンにはほんの少し練習してくる。
ほんの少しでも練習をしてくれば、私は練習してきたことに気がつきます。
「あー、前回よりも出来ているね。練習してきたよね?」と聞くと
「うん、少しだけどやってきた」と、いつもよりは元気に答える生徒さん。

やったとはいえないくらい少しだと思いますが、
「少しでもいいよ。やらなければ上達は0(ゼロ)。
上手にはならないし、出来るようにはならない。
でも○○ちゃんは楽器を出して、音階の楽譜を開いて練習してきたのだから、えらかったよ。
練習はイヤだけど頑張ってきたね。」と言うと笑顔になる。

イヤだけど頑張ればできる。とちょっと自信がついた生徒さんには、
私が低学年の頃のお話しをします。

学校から帰ってきて、家でのんびりしたいなー、と思って、
ヴァイオリンの練習をなかなか始めないでいると、
だんだん母の顔が険しくなってくる。
ヴァイオリン、やらなきゃなー。と思ってはいるけれど、気が進まないな-。
と思っていると、練習を始めるまで母は徹底的に無視してくる。
やらなければ雰囲気が悪くて、母の顔が怖くて家にいることが出来ない。
やるしかないかー。

仕方なく、ボーイングの練習をしてから、タイマーを45分かけて音階練習スタート。
スケール、重音(3度、6度、8度)、タイマーが鳴って音階終了。
次はカイザー30分、セヴィシック30分、曲30分とそれぞれタイマーをかけて頑張る。
「あ~、疲れた-」と思って、ちょっと休もうと休憩していると、すぐに隣の部屋から母が来る。
「あれ?すごく音程が悪いけれど、もう終わったの?」と言ってくる。
あー、よく耐えていたなぁと思います。

やりたくない人に何かをやらせる。
やる気がない人に何かをやらせたい。

勉強でもヴァイオリンでも、やらなければ出来るようにはならないです。
出来ないことを出来るようにするには、大変なことですね。

スポーツの卓球も同じです。やらなければ上達はないです。
そう思って、卓球の時間を増やし、反復練習をするけれど、やってもなかなか上達しない。
嫌気がさして、卓球の練習に費やしている時間を計算してみました。

一つの技術習得に1200時間やっても思うように出来ない。
毎日の練習は楽しいから、上達できるように頑張るけれど、思うように出来なくて、
もう疲れてしまう。コーチも怒りまくる。
肩は痛いし、なんだかがっかりする。

「もうイヤだな。」としょんぼりしていると、素敵なお友達と出会うことが出来ました。
「一緒に練習して、一緒に上達し、お互いのプレースタイルを得意に変えていきましょう。」と
言ってくれるのです。

上手になること、強くなることを考えて一生懸命な方。
それも自分だけではなくて、私と一緒に。と言ってくれるやさしいお友達。
こんな素敵なお友達が出来たことをとてもうれしく思い、もう少し頑張ってみようと思います。

朝から卓球の練習をして、「卓球でもっとこうしなきゃ、ダメだ、出来ない。」と追い詰められて
身も心もヘトヘトになって、疲れもあるけれど、夕方からオーケストラの練習に行く。
気分転換でも出来たらいいなと思って、楽器を弾いていると

指揮者が「みんなの心を1つに、響きを感じてー、」と、指示を出す。
メンバーは真剣な眼差しで、だんだんきれいな響きになり、息が合ってくる。

その響きがとても心地よく音楽が神の声のように聞こえてきて、体の芯まで、
癒やされる感じがしてきます。
今まであんまり感じたことがないくらい、あー、癒やされる。
音楽はやっぱりいいなー。
音楽ばかりをやっていた頃とはまた違った感覚でした。

プログラムも大好きな曲ばかり。
ヴァイオリンソロのあるスペイン奇想曲。
自分がコンサートマスターの頃は、このソロが近づいてくると、異常な心境になり、
緊張のあまり気がおかしくなりそうになるけれど、この楽団は別の人が弾くので、気持ちがとってもラクで、音楽を純粋に楽しめます。
こんなにゆったりとした気分で演奏できるのは、とても楽しいですね。
楽しいが1番。
本番も楽しく演奏が出来て、打ち上げも大変盛り上がり、楽しい1日となりました。

私も小さい頃は、ヴァイオリンの練習は楽しくなかったと思います。
先生も怖かったです。練習をしないでレッスンに行くと、見てくれないし、帰らされました。
うまく弾けないと父に弓で頭を叩かれていたこともありましたが、今となっては良い思い出です。

無理矢理でも子供にやらせれば、その時はいやがっていても、そのうちに出来るようになります。
私は今、ヴァイオリンを弾く技術があり、オーケストラで楽しく演奏出来ることをうれしく思います。
みなさんもいつの日か、
「大変だったけれど、あの時にやっておいて良かったなー」と思う日がくると思います。
毎日大変だとは思いますが、練習を頑張ってください。
私は卓球とヴァイオリンでちょうどよくバランスがとれているようです。


 

レンガ便り201709

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2017年 9月30日(土)18時37分15秒
返信・引用 編集済
  今月は音符を読むことについて考えてみました。

ある専門家の方から、小さい頃は音楽を聴いた時にドレミばかりが頭の中に並んでしまうよりは、
音のイメージから楽しい気持ち、悲しい気持ち、切ない気持ちなどを想像し、色を感じ取り、
和音の響きの中に自分が入り込んでいき、いろいろなことを想像して感受性を豊かに育てた方が良い。
と聞いたことがあるので、音譜が読めない生徒さんには無理に音符をドレミに置き換えて歌うような
ことはしないで、自然に音符が読めるようになるのを待っています。

耳で正しい音を聴き、音符を見ながら、指番号と○△□◇の印を使って音程良く、
半音の違いが耳で聞き分けられるようにしていきます。
自分の弾いた音とピアノの音が合っていないときは、指をどっちにずらしたら合うようになるのかを
自然に分かるようになるまで、「音程が高いよー、低いよ-」と言いながら、いつも意識してもらい、
合っているという感覚をしっかりと覚えて、さらに和音の響きの中に自分の音が気持ちよく入れているのかが
分かるようになるまで、体で感じながら身につくように心がけています。
小学校高学年くらいから、少しずつ音符が読めるようになれば良いのかな?と考えています。

私自身も、小学3年生頃から音符が読めるようになり、そこからドレミと音程が結びつき、
テレビで観たアニメの曲や歌謡曲などがどんどん弾けるようになっていき、
ソルフェージュを習い始めてからは、和音もドレミで聞き分けられるようになり、
オーケストラの練習でも、どの楽器の何の音が高い、低いなどが分かるようになっていきました。
今、オーケストラを楽しめるのもソルフェージュを習ったことが良かったと思います。

今日は私の誕生日。
毎日楽しく過ごしています。

<体力作り>
よこはまウォーキングポイント事業で歩数計をもらい
毎日つけています。
1日の歩数に応じてポイントがつき、2000歩ごとに1ポイント
1日最高5ポイントまで、3ヶ月ごとに200ポイント以上達成した人を対象に
抽選で商品券などをプレゼント。
私は卓球の練習中もつけているので、1日で20000歩~30000歩
平均で25000歩くらいです。
練習中も歩数計が気になって、つい見てしまいます。
新しい楽しみが出来ました。
健康第一で頑張っていけたらと思います。

<ヴァイオリン>
先生に注意されていることをいつも頭に入れて、少しでも上達出来るように努力する。
7年かけて、たいぶ良くなってきました。
次回の発表会の成功、オーケストラ活動も積極的にやり、生徒さんへレッスンすることで
新たな発見をする。

<卓球>
全国卓球選手権名古屋大会(シングルス)に向けて頑張ります。

少しずつ、ダブルスにも挑戦していこうと思います。
もっと攻撃力をつけることを最優先しながら、ブロックを強化し、
少しずつ異質ラバー対策を始めました。
毎日の練習の中に取り入れていきます。
生徒さんを強くして、1勝でも多く出来るようにしたいです。

<子育て>
娘は卓球部に所属し、新人戦で入賞しました。
負けた試合は、ジュースで17-19。
「もう少しだったのにー。
途中のサーブミスがなければなー」と、悔しがっていましたが、
賞状をいただくことが出来て、とてもうれしかったようです。
自分の子供だけではなく、卓球部のみんなが強くなれたら良いですね。
部活がお休みの日には、都合があう数人を集めて私も一緒に練習しています。

ヴァイオリンでは、プロのオーケストラと一緒に演奏出来るイベントに
参加します。娘にとっては初めてのオーケストラ。
直接プロの奏者からご指導をいただけ、本番も隣で弾いてもらえるようなので、
とても楽しみです。

息子は、水泳、サッカー、卓球を頑張り、体力作りをしています。
Jリーグの試合観戦で大変盛り上がっています。

<映画>
卓球の映画「ミックス」の撮影に参加してきました。
楽しかったです。10/21公開です。お楽しみに。

 

レンガ便り201708

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2017年 9月 1日(金)21時34分51秒
返信・引用 編集済
  今月のレッスンは、正しい構えをしっかり出来るようになってから
弦の上に弓をのせるときの感覚を指導しました。
なかなか肘の高さがキープ出来ない生徒さんは、まずは足腰の筋力をつけて
頑張ってみてください。あきらめずにいつも意識することが大切です。

みなさん、夏休みは楽しめましたか?
今年は海外旅行をされた生徒さんが多く、
私が行ったことがない国で、生徒さんが感じたことや見てびっくりしたこと、
食事が日本と全く違うことで、全然食べられずにとまどったことなど、
いろいろな国のお話しを聞くことができて、とても興味深かったです。

サッカーに打ち込んでいる生徒さんは、朝から晩まで外で練習。
合宿もあり、毎日へとへとになり、練習がきついけれども、
大好きなサッカーは、すごく楽しいと目を輝かせていました。

他には、時間がある夏休みこそ、ヴァイオリンを頑張りたいという生徒さんは
「練習すると弾けるようになりますね。ヴァイオリン楽しいです」とやる気マンマン。
うれしいですね。

<我が家の夏休み>
私は、いつも通り毎日卓球の練習とヴァイオリンの練習。

息子は、高校野球に興味を持ったようで、高校野球で頭がいっぱいの夏休みとなりました。
卓球も好きだけど、サッカーも楽しい。サッカーの試合も観に行きます。
やりたことがたくさんありますが、9月からはサッカーを再開したいようです。

娘は、毎日のように部活(卓球部)があり、学校へ行っていました。
3泊4日の合宿では、アップダウンがある道を12キロ走ったり、筋肉トレーニングをしたり、
踏み台昇降、ダッシュなど卓球の練習以外の厳しいトレーニングがありました。
これは卓球をやる上でとても大切なことです。みんなで卓球が強くなりたいですね。

さらに夜にはお勉強の時間が用意されていて、
部員を大部屋に集めて、先生方が勉強も見てくださったようです。
高校生も一緒で、真剣にやるお勉強タイムだったようです。

顧問の先生方のここまで熱心なご指導には頭が下がります。
顧問の先生方、先輩方、たくさんの仲間に恵まれ、娘は部活を楽しんでいます。
おかげさまで、卓球も上手になりました。
ありがとうございます。

<バレエ発表会>
娘の通うバレエ教室では、発表会衣裳は本番の数週間前からレンタルをし、
レッスンも本番の衣裳を着て、髪飾りや腕につける飾りもつけて、
壁一面が鏡になったスタジオでお稽古をします。

バレエの衣裳はなんてかわいいのでしょう。
そして先生のご指導がとても熱心で、生徒さんたちもそのご期待に応えるように
努力し、とても上達していて、びっくりしました。
娘はバレエが大好きで、受験勉強とバレエを両立させながら何とか続けています。
中学生になってからは、学校の部活とバレエの両立です。

学校から疲れて帰ってきて、本番前は21:00すぎまで先生の熱心なご指導で頑張っていました。
バレエは一つの作品をみんなで作り上げて、本番では素敵な音楽と照明でステージがとても華やかに
なります。会場も満席に近く、たくさんのお客様から大きな拍手をいただくことができ、
とても思い出に残るバレエ発表会となりました。
ご指導いただきました先生方、そして先輩方、お仲間、
ありがとうございました。

 

レンガ便り201707

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2017年 7月31日(月)23時38分5秒
返信・引用 編集済
  今月のレッスンは、先月に引き続き、お腹にしっかり力を入れて
フラフラしないように演奏できるように指導しました。
安定してきた生徒さんは、次のステップへ
体の軸はしっかりするけれど、それ以外の肩や背中や腕の力は抜く。
ふわっとしたイメージで、弦の上に弓をのせる。この「のせる」の感覚が
とても難しいですね。
感覚がつかめるまで、常に良い音のイメージをもって取り組んでいきましょう。

<卓球>
レンガファミリーより、うれしいお知らせです。
神奈川予選を突破し、父と私が神奈川代表になり、全日本に出場します。

父:全日本卓球選手権マスターズの部(新潟大会)年代別で神奈川代表になりました。
私:全国卓球選手権大会(名古屋大会)年代別で神奈川代表になりました。

神奈川予選はレベルが高く、どの試合も真剣勝負です。
父の応援の私も手に汗を握り、1本1本を祈る気持ちで必死でした。

父のプレースタイルは、攻めてミスをするより、慎重につなぎ、相手の苦手なことを
やり続け、絶対にいけるボールのみを攻撃して、確実にポイントをとるタイプです。
ラリーも長く、ハラハラドキドキで、私だったら絶対に打つボールも相手にとって
厳しいするどいコースでつなぎ、相手のミスを誘うか、甘いボールが来たら一撃!!
確実に得点をとる。私も見習わないと。

父は足腰が強く、年代別の中では動きが早いです。
若い頃は、スキーや登山が趣味で鍛えられていたようです。
代表、おめでとうございます。

私の予選も大変でした。
試合では勝ったことがない相手で実力も私よりは上。
でもこの選手に勝たないと代表2名になれない。
精神面での勝負になる試合。ものすごい集中力が必要です。

いよいよ試合開始。
こんなに集中した試合は昨年のマスターズの予選以来。
昨年の予選では、「絶対に負けてはいけない」と思いすぎて、サーブを出す時も手が震えて、
レシーブの時は呼吸が止まりそうな中で、セットオールの1-5から大逆転勝ちをして
代表になったので、最後まであきらめない強い気持ちを持てば何とかなるかもと、
自分に言い聞かせて頑張りました。

日々の練習を見ていただいている方に、1セットごとにアドバイスをいただき、
「いつも通り、練習の通りにやれば大丈夫。」と思うことができ、
気持ちを落ち着かせることができたことが勝利へとつながったことと思います。
応援、ありがとうございました。
そしていつもご指導くださるコーチに感謝です。
ありがとうございます。
本戦に向けて頑張ります。

父のプレースタイルとは対照的に、私は常に攻撃の気持ちでいる時が強いです。
「いける!」と思ったボールを絶対にミスしない。
ボールに願いが伝わったときに良いボールが打てます。

私は攻撃して良いボールを打って得点につなげたい。
とにかくドライブ、スマッシュ、ドライブで打って打って打ち抜きたい。
そのプレースタイルで頑張りたいので、日々、頑張って練習しています。
そうは言ってもそんなに攻撃できるものでもないので、父のつなぐプレーも見習いながら
ドライブとブロックを強化しながら頑張っていきます。
 

レンガ便り201706

 投稿者:レンガヴァイオリン  投稿日:2017年 7月 1日(土)18時22分11秒
返信・引用 編集済
  今月のレッスンは、先月に引き続き、弾くときの姿勢を再確認しながらレッスンを行いました。
しっかり足を開いて、お腹に力を入れる。なるべくお腹をだらりとさせずに、
おへその少し下の内部にある丹田(たんでん)に意識をして、音を出す。
でもなかなか出来るようにならない。
何年も楽器が下に下がらないようにと注意され続けている子もいます。
何でだろう?
出来る子と出来ない子の差は何か?

試しに、背伸びをして、つま先立ちで弾いてもらう。
あれ?驚くことに、フラフラしてまったく体のバランスをとることが出来ないようです。
次は腹筋をやってもらうと1回も出来ない。腕立て伏せも0回。

これは鍛えないといけないですね。
生徒さんと一緒に、腹筋と腕立て伏せをやると生徒さんはびっくり。
「え?先生すごいね。まじ?」と悔しがってチャレンジする生徒さん。
でも全然出来なくて、大笑い。
筋力がなくて体を支えられないようでは楽器を弾くどころではない。
ヴァイオリン教室で筋肉トレーニング。
なんかおかしいけれど、良い音を出すには大事です。

1週間、つま先立ちの練習をしてきてもらうと
1週間前よりはフラフラしないでバランスがとれるようになってきました。
その調子で頑張っていきましょう。

<卓球の試合>
6月はいくつか都内のオープン戦に出てみました。
全国でランキングに入っている方や、元インターハイ選手や、中国の方など、
レベルは、全国大会並みに高い。
昨年の全日本選手権大会マスターズ函館大会に出場したときにも感じましたが、
レベルの差がありすぎて、この差を縮めることは容易なことではないと実感しました。

4人のリーグ戦でセット数が同じ3人が1位争いとなりました。
細かい点数計算をして、小数点争いとなり結果はまさかの3位。
え?1位の人に3-0で勝ったのにそんなことがあるだと。
同じ負けるにも1本でも多くとって負けるべきだったようです。
知らなかった。大失敗。次からは気をつけます。

下位トーナメントで優勝し、賞状と賞品をいただきました。
たくさん試合が出来て、いろんな方とお友達になれてとても楽しい1日でした。

卓球のラケットやラバーは1人1人違い、道具も違えば、選手のタイプも違う。
攻撃マン、ドライブマン、カットマン、粒高などがあります。
自分にとってやりやすい人、やりにくい人、得意なタイプと苦手なタイプ
といろいろある中でも強い人は、どんな大会に出ても勝ち上がれる力がある。
いろんな人と対戦して経験して反省して、少しずつ慣れていき、
その相手に対して、対策をして次にそなえる。
勝ち上がるためには、なかなか大変なスポーツで、時間がかかります。
コーチから「卓球の上達に近道はない。日々の練習を頑張るように」と。言われています。

今月からは、ダブルスにも挑戦することになり、試合に出ました。
来月も2回出ます。

<演奏会>
長年オーケストラで一緒に演奏していたフルートの友達が、
オーケストラをバックに有名ソリストと一緒にドッペルコンチェルトをやることに。

この友達とは独身の頃からの仲良し。
長時間の練習をした後は、たいてい大勢で飲み会。
何がそんなに楽しかったのか、お腹をかかえて笑っていました。
それでも話し足りなくて、飲み会の後は友達が家に泊まりに来ることもあり、
いつも笑いっぱなしで楽しかったです。
演奏旅行でニューヨークにも一緒に行き、懐かしい思い出がたくさんあります。

今は、お互い結婚をして、演奏活動も別々になりましたが、ソリストとして演奏する友達の姿は
とっても素敵でした。美人でスタイルも良く、花嫁さんのようなかわいいドレスでステージに上がった
姿は堂々としていて、客席からも、「わーっ」と声が出るほどの美しさ。
演奏前から大きな拍手。
コンクールでも賞をたくさんとっている友達の音色はとてもきれいで、さらに迫力もあり
超絶技巧のある曲で聴き応えのある演奏はとても良かったです。

私は試合の後に急いでコンサート会場に移動して、開演ぎりぎりの到着。
その日は試合数も多く、相手も強くてセットオールが多い試合の後に行ったので、客席では足がつったりして
疲れが出ていましたが、優勝した後に夜のコンサートに行き、友達のソロでうっとりできるのは幸せだなと
感じました。頑張っている友達の姿に感動しました。
これからもご活躍ください。

 

レンタル掲示板
/14