teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


議会と教育委員会

 投稿者:はせひら耕三  投稿日:2011年12月29日(木)13時29分8秒
   ≫ヒロミ、落合様

 重要なご指摘と僕も質問に対して評価いただきありがとうございます。

 ご質問の趣旨から少し外れるかもしれませんが、文部科学省では、地方分権の流れを受けて、「首長、議会と教育委員会の関係の改善」という文章を出しています。その中には、議会と教育委員会という項目の中でこうあるべきだと書いています。

 「教育委員会と議会との関係は教育行政における住民自治の観点から極めて重要である。教育委員会が自らの教育行政について説明責任を果たす上で、議会における質疑に対する教育長や教育委員長の答弁は大きな役割を果たしており、教育委員会は議会を通じ、住民に対する説明責任を積極的に果たしていくことが望まれる」とあります。

 ここでも、「教育委員長の答弁」とあるように、他の議会では、議会に教育委員長が出てきて答弁していることが多く、今回の僕の質問などは、学校教育の本質的な問題に関わることなので、教育長や教育部参事の答弁より、教育委員長の考えが聞きたかったし、市民も同様の考えだろうと思います。

 さて、その上で、ご質問の件ですが、教育委員会会議の様子はよくわからないのですが、羽村の場合、議員の質疑応答の概要まで報告するといったことは無いのではないかと推察します。議員は住民の代表であり、文部科学省の言葉を借りると議会が住民自治の場だという感覚はあまりないのではないかと思います。でなければ、傍聴した人が疑問に思うような答弁になるはずないし、教育委員長も自ら出てきて積極的に説明責任を果たそうとすると思うのですが・・・。

 教育の質問があった時、「うるさいこというな~」と考えるのではなく、質問があるからこそ市民に説明できる良いチャンスを与えられたと考えてほしいと思います。例えば、「ゆとり教育って何だったの?」と多くの市民が思っているはずです。そうした市民にきちんと答える機会を与えられたと考えてほしいのですが、「国に言ってくれ!」では、市民としてもがっかりです。市としてもどう総括するか、国に対しても言うべきことがあれば、羽村市の教育をあずかるものとして積極的に国にも言うということが重要なのでは無いかと考えています。
 
 

来年度役員を今決める作業は無駄ではないか?

 投稿者:ピーマン  投稿日:2011年12月29日(木)10時31分45秒
  公立校の教員は定期的に人事異動があり(管理職の任期は短い)、PTAの顧問教員が来年度代わる可能性もあります。

秋以降、来年度役員の内定作業にひっしな単P・P連は多いようですが、私はその作業、時間の無駄かもしれないと思っています。

来年度入学・転入された方(新参者)が立候補されたらどうしますか?立候補する権利はどなたにも平等にあります。

4月は学校も企業も子供も忙しい時期だと思います。年度はじめをずらす方法はいかがですか?夏休み前までに新年度の役員・活動内容を決める方法であれば、今来年度の心配する必要はありません。

来年度のことは来年度入会(継続)を希望する会員が決めるものではないですか?今年度在籍している会員が来年度も在籍するとは限りません。任意団体は入退会自由なのですから。



 

一子一役 ポイント制

 投稿者:ピーマン  投稿日:2011年12月29日(木)10時12分9秒
  今年度一子一役、ポイント制が単Pの内部規定にあったとしても それが来年度も通用する保証はありません。小学校は毎年6分の1中学校は3分の1の保護者会員が入れ替わります。平成生まれの教員もいます。

一子一役、ポイント制などPTA活動に「公平」を持ち込むのはおかしいと考えます。

「その時できるか・やりたいか」ではないでしょうか?
 

市議会と教育委員会

 投稿者:ヒロミ.落合  投稿日:2011年12月28日(水)22時50分16秒
  大丈夫です、馳平さんが御投稿で断定的な「子連れの参加は可能でしょう!」という物言いをしていらっしゃらないことは瞭然だと思います。
さて、ここの掲示板で、市民に対する市教委事務局員の対応が時々心もとないらしいことを知り、それが気になったので、常勤の事務局員ではなく、パートタイマーである教育委員が集まる会議(定例会と臨時会)の会議録を過去2年分ほど市サイトで読んでみました。
どこの教育委員会会議にも見られる教育長報告が、羽村市の教育委員会会議でも毎回のように行われていますが、羽村市の場合、各教育委員に教育長報告書が配布され、会議録に記録される報告は、その報告書の中から適宜ピックアップされている感じです。
通常、どこの教育委員会会議でも、市議会が開かれている頃に開催される教育委員会会議では、会議資料として、市議会議員による一般質問一覧表が配布されます。教育行政関連の一般質問が少なくないからです。
12月20日の羽村市教育委員会会議でも一般質問一覧表が配布されたと思われます。
8日の市議会で、馳平さんは「柔道」や「ゆとり教育」に関し、本質的で重要な一般質問をなさいました。
その質疑応答の概要が、20日の教育委員会会議において、教育長から、どのような形でパートタイマー教育委員各位に報告されたか、関心がわきます。
報告書に記述されたほかに、口頭でも、教育長から報告があったのでしょうか?
いずれ会議録が市サイトで公開されたならわかることなのですが、現時点で御存じならば、差し支えない範囲で御教示いただければ幸いに存じます。
 

お聞きしただけなのですが・・・

 投稿者:はせひら耕三  投稿日:2011年12月25日(日)11時38分34秒
   町内会のことをPTAにあてはめようという意図は全くありません。「町内会ではこうなのですがPTAでは違うのですか?」と質問させていただいただけです。僕が、「子連れの参加は可能でしょう!」という断定的な台詞を書いたようになっていますが、現状がわからないからこそ、「PTAの会員じゃないのでよくわからないのですが、可能じゃないのですか?」と質問しただけです。可能じゃないとすれば、改善すべきという考えです。

 スルーしたいと考えていればPTCA等主張していないし質問もしていません。ただ、今の立場では任意団体であるPTAの活動に何か言う立場にはないと考えています。アメリカのPTCA(地域も加わる)やPTSA(子供も加わる)の様子はあまり紹介されてないので違和感があるかもしれませんが、任意である代わりに、その学校の教育に思いのある人が自由に参加することで、その負担の一部も補うことが可能ではないかと考えています。今は会員は、現役の生徒・児童がいる人に限られていますが、子供が卒業した後も関心のある親もいれば、卒業生もいるでしょう。そういう思いのある人が集まり、今後の新しい方向性を見いだせないかと考えています。
 

了解しました

 投稿者:ピーマン  投稿日:2011年12月25日(日)10時10分38秒
  [1047]コメントありがとうございましたm(_ _)m

P連は自治体から補助金が出ていて、単Pは自治体の教育施設で活動しているので、任意団体ではありますが、市民はどなたでも発言権があると思います。議員さんならば当然の権利です。

個々の立場を尊重して子育て支援を考えてくださる はせひら議員さんに今後も市民と行政の橋渡しをお願いしたいです。

 

子連れの参加

 投稿者:はせひら耕三  投稿日:2011年12月25日(日)01時12分19秒
   「子連れの参加は可能でしょう」という台詞、私は好きではありません。→僕は、「可能でしょう!」と言ったのではなく、驚いて「可能じゃないんですか?」と質問しました。勿論、ピーマンさん同様、何の気兼ねなく参加できる環境づくりが何より重要だと考えています。実は、ある企業の皆さんと、企業内に保育園ができないかどうか、その実現に向けて議論を進めています。会社にも子連れで行ける社会が理想です。

 むしろ子連れが歓迎されるような社会にしたいと考えています。うちの町内会では、子連れで参加されていてもほったらかしということはありません。アイドル的な存在です。昔、香港に、小さい子供を連れて行ったことがあるのですが、普段は愛想の悪い店員の皆様も子供を見ると笑顔になりました。また、うちには、知り合いの方が多く、うちに子連れで遊びに来ていただいています。僕のおなかをトトロのようにして育った子供もいて大歓迎です。

 PTA問題を複雑にしている原因は、アメリカから制度を移入した時、むこうはPTAの趣旨に賛同し同意した人が会費を払うのに対して、この制度をアメリカら移入した当時の日本では、そのことに触れず、任意団体であるかどうかも曖昧になってしまい、更に、社会の要請を受けて、仕事が多くなってきていることに原因があると考えています。そこで、こうした問題を整理したいという意味で、質問させていただきました。

 「子供もいなくてPTA活動もしたことないのに偉そうなことを言うな!」と仰る人もいます。」確かに、任意団体のことをあれこれ言うのは僕の立場ではありませんが、お悩みの方には任意団体だということも知らない人もたくさんいらっしゃったので、そこははっきりさせたいという思いでした。勿論、これまでに、自らの時間を割いて一所懸命活動されてきた皆様、今も活動されている皆さんには敬意を表しています。
 

会費集金と子連れ参加

 投稿者:ピーマン  投稿日:2011年12月23日(金)21時40分55秒
  [1045]わかりやすいご回答をありがとうございました!市内で単P退会者が出ても特に問題ないとのこと、入会者と非入会者が仲良く(差別、偏見なく)共存できているご様子と受け取りました。企画運営する余裕(時間、体力、家庭環境)がある方が入会して、非入会の方は可能な時に任意でスポット参加(場合によっては参加費個別徴収)できる組織になると良いので、加入者数、加入率はあまり重要ではないと思います。市内に1人でも1校でも退会者がいらっしゃるのであれば、退会希望者は気兼ねなく退会を選べると頭では考えます。

会費の自宅徴収は、私は個人情報保護の視点から反対です。クラスの住所録(個人情報)を保護者へ配らない公立校が少なくないからです。それに「○○くんのお家が会費まだ払っていない」などの噂は児童に悪影響が出ると思われるからです。会費滞納があるにもかかわらず、入会率100%は有り得ないと思います。滞納が続いた世帯に自動退会していただいてもよろしいケースがあると思います。単Pで1人親家庭の会費を免除することは可能ですが、1人親であることを公開したくない保護者もいらっしゃると思うので、会費集金を担当される方は人格者であって欲しいと希望します。

「子連れの参加は可能でしょう」という台詞、私は好きではありません。参加が可能かどうかの環境・事情は個々で違うからです。ですから、「お子様連れでの集まりに参加を希望される方は安全面にくれぐれもご注意ください」「集まりの間、ご自宅などでお子様の保育をお願いできる方がいらっしゃらない場合、参加はご遠慮ください」「その他ご心配な点がありましたら遠慮なくお知らせください」と主催側から言っていただけると、小さいお子様がいらっしゃる世帯は特に安心なさるのではないでしょうか?

気兼ねなく参加できる環境作りが生きやすさにつながると思います。

 

質問

 投稿者:はせひら耕三  投稿日:2011年12月22日(木)15時23分58秒
   「市教委が各単P会長へ電話で任意団体と連絡したとは本当ですか?」・・・その話は全く伺っておりません。退会者の急増の話は、3月の質問や連絡の話とは無関係です。PTAは任意団体であり、議会では資料は提出されてないので状況を把握しているわけではありません。市民の方から、そうした状況にあると聞きました。

 子供がいるということは本当に幸せだと思います。子育てにお悩みの皆様から、いろんな教育相談を受けますが、子供に恵まれなかった我々からすると幸せなお悩みのように思います。1度で良いから子育てやPTAのことで悩んでみたかったと感じる今日この頃です。
 

退会の波紋

 投稿者:ピーマン  投稿日:2011年12月22日(木)00時35分10秒
  生きにくさは多様化がうみだしたのではないでしょうか?たくさんやりたいことがある。コンビニ、パソコンの普及で夜の活動が増えた。でも1日は変わらず24時間しかない。実は幸せなことなのかもしれません。

PTAに関する問題は子供がいないとなかなか気づけない。子供がいるから気づけた。子供がいることは幸せなことです。

自分が入学前は銭湯が主流でした。裸のお付き合いが当たり前でした。自家用車がある世帯はまだ半数に届かず、遠くへの移動は公共交通機関。うちには個室がなかったので、常に誰かの視野がある環境で育ちました。今は一人の時間を確保しやすいような環境になっていて、良い面もあるけれど…だと思います。


市教委が各単P会長へ電話で任意団体と連絡したとは本当ですか?市内で退会者が激増した単Pがあるとのことですが、それはいつ頃のことですか?3月の議会終了後ですか?最近市教委が連絡した(?)後ですか?また、義務と思い込んで活動していた会員(卒業された会員含む)から会費の返金を求められた話はお聞きですか?

よかったら 教えてくださいm(_ _)m

 

レンタル掲示板
/35