teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


昭島の臼井市長は調子のいい奴だな。

 投稿者:あまこぞう  投稿日:2017年 9月14日(木)20時45分23秒
  小池都知事と臼井昭島市長の対談(28分より)
https://www.youtube.com/watch?v=GpEt84DpzvM

東京都から移管された多摩スポーツ会館も「広域化」で近隣市町村に建替建設資金を負担させようとは。
ふざけた野郎だ。まったく身勝手、泥棒根性の市長だ。
その延長線上で可燃ごみも羽村市に押し付けるのか。広域連携の名を借りた迷惑施設の押し付けだ。

今の昭島市には東中神の北側に70ヘクタールに及ぶ広大な立川基地跡地があるじゃないか。
そこにごみ焼却場を作れば良いじゃないか。
70ヘクタールは70万㎡だ。
http://www.city.akishima.lg.jp/s096/010/010/010/010/010/02__riyoukeikaku261114.pdf


今回の羽村市議会で公明党の議員が焼却場を立てるには1万平米が必要だといっているが、ここには未計画地が4万や5万平米はあるじゃないか。
公明党の議員は何を調べているのだ。とことんやってないじゃないか。
代替地があるのが分かっていないのか、まったく役にたたない議員だ。

並木市長も議会答弁では、1年間で羽村市分担金が年間7千7百万円の減、20年間で17億8千万円の減と答えている。減少額がたった7千7百万円か。
羽村市、瑞穂町の市民が3000万円で買った新築建売が、昭島のごみの影響で500万円下がって2500万円となったら、羽村、瑞穂の建売が2000棟あるとしたら100億円の損害だぞ。
西多摩衛生組合の近所の住人たちの資産価値の減少・環境の悪化度にくらべたらメリットでも何でもない、デメリットのみである。

西多摩衛生組合の構成市長会議で受け入れ可となったときは羽村市としても受け入れるようなことを言っている。
だいたい西多摩衛生組合から離れたところにある青梅市や福生市が反対するはずないだろ。
昔、青梅市の加入もおかしいと思っていたが、だいたい西多摩衛生組合から離れている青梅市が、昭島市の加入を検討する資格があるのか。
金銭的に楽になっても、煙を吸うのは羽村市民だからな。
いちばん迷惑のかかるのは西多摩衛生組合が所在する羽村市民だ。
だから西多摩衛生組合の管理者は羽村市長がやっているのだ。

ごみの焼却施設をクリーンセンターにして市民に喜ばれる施設にしたいなんて言っている。
ナンセンスもいいところ。負の遺産を残こすだけだ。

http://www.kensakusystem.jp/hamura-vod/index.html
 
 

水はむら

 投稿者:ムラタ  投稿日:2017年 7月22日(土)07時35分48秒
  この前の羽村市の水道週間でもらった『水はむら』のパンフレットに書いてある、
羽村市の水は『一年で約44円』というのは、いくらなんでもおかしくないかしら。
1リットルのペットボトル100円を毎日一年間飲んだら36500円ですと、
1リットルの水道水を毎日1年間飲んだら『44円』というのは明らかに、おかしいわね。
上下水道料金の2か月料金は最低でも口径13ミリで1915円、
毎日1リットル飲んで2か月で約60リットルだから、1915円×6回で11490円じゃないの。
どういう根拠で年間44円なのよ。
羽村の水道水の安さを売り物にするにもほどがあるわね。

もうちょっと数字精査しないとね。
虚偽広告もいいとこね。

 

市議会議員の議会質問について考える

 投稿者:ナルホド・トランプ  投稿日:2017年 6月 5日(月)19時02分57秒
  都市緑地法の一部が改正され、生産緑地(三大都市圏(首都圏・近畿圏・中部圏)にある農地はすべて生産緑地)の下限が300㎡以下と緩和された。
国会でも公明党・民進党は賛成に回っている。
生産緑地は、もともと500㎡以上(50mプールの半分の広さ)であったが、
面積要件を緩和し300㎡以上(25mプールの広さ)となったのだ。
三大都市圏で、大土地を所有する都市近郊農家は、生産緑地としていろいろ制限をうけていたが、300㎡から500㎡の土地も生産緑地として指定できるというものだ。
およそ300㎡土地の宅地並み課税は年税額2、30万円であろうから、
生産緑地となると千円程度となる。固定資産税の節税となり、タダ同然だ。
これは10アール(1000㎡、50mプールの広さ)の農地(生産緑地)の年間農業収穫高は、年平均で10万円ということなので、生活費や経費を引いて固定資産税は10アールで数千円となっている。
生産緑地は、とても固定資産税が安いのである。

ただ25mプール程度の畑が増えて、緑地が増えたと感じるだろうか。
この小さな畑で、たくさんの野菜採れるでしょうか。
ブルーベリーだったら健康に良いのですが、手間のかからない栗林ですかね。
しかし、土地所有者は宅地転用して売れば、およそ4、5千万円売却収入になる。
相当な資産なのだ。
持つ者の悩みです。持たざる物の悩みのほうが数は多いですが。

1992年の改正生産緑地法で農業従事者は30年間農業を続けなければならなくなった。農業従事者が、死亡した場合は、相続人のなかの一人が生涯営農しなければならなくなった。
大都市近郊の農業従事者は、少しでも子孫に土地財産を残すために、税金の安い生産緑地を増やしたいところなのです。
また、今年の改正により、生産緑地内に直売所や農家レストランを行うことができるとされ、土地利用が拡大されるというものです。

一方、三大都市圏では東京オリンピック後の2022年には、現行の生産緑地法が施行されてから30年を迎え、多くの生産緑地の買い取り・指定解除申請されることが予想されています。
これは「2022年問題」と呼ばれています。
市に対して買い取り申請された場合、他の農業従事者が買い取るとか、市が時価で買い取るとか、両者が買い取らなければ指定解除申請され、生産緑地は民間市場に売り出されるのです。
2022年から生産緑地の指定解除や買い取り申請がたくさん出てくるでしょう。
どこかの市長さんが、好き勝手にお友達や支持者の土地を買い取らないようにしてもらいものです。貴重な税金を使うのですから。検討委員会があるからとか言って言い逃れするかもしれません。今巷の「忖度(そんたく)」というのがありますからね。

しかし、2022年から子育て世代の方々には朗報です。
生産緑地の切り売りや、宅地転用放出により、三大都市圏の土地は暴落すると予測されています。
緑豊かなところに安い一戸建てや、分譲マンションがたくさん建つことになるのです。
中古住宅も安くなるでしょう。
ぜひ、不動産を買うならこの時期を待ってみてはいかがでしょうか。一生の買い物ですから。

これが「子育て支援」ではないでしょうか。?( ??? )?

議員さんは資産家のための質問はしますが、子育て支援には興味ないですかね。

http://blog.goo.ne.jp/akane1961
http://www.city.hamura.tokyo.jp/cmsfiles/contents/0000009/9691/29-3ippan.pdf

https://www.youtube.com/watch?v=YjZKmI_lKnM&feature=youtu.be
https://www.youtube.com/watch?v=ZleqWTY4OlY
 

ぎかいのトビラは拓けるか

 投稿者:色幅 菊雄  投稿日:2017年 6月 2日(金)18時23分13秒
  口先ばかりのイメージ先行の、内容のない子育て支援、
教育・福祉施策の充実といいながら、2学期制から3学期制へ戻る一貫しない教育施策、
20年一向に進まない事業で、朽ち果てるばかりの街並みの都市基盤整備、
町内会が縮小のなかで町内会任せの防災対策、
まさに生活環境悪化につながる昭島ごみ受け入れという環境問題、

議長就任おめでとうございます。

そこで新しい議会では議員の質問時間は無制限にしてもらいたい。

今までは時間制限で議員質問が中途半端に終わり、
議会で議論が十分に尽くされているとは、とても思えません。
時間切れで行政側にいいように逃げられている。
答えが出ないから行政経費が無駄になっている。
質問時間が無制限となれば市民が、行政が、抱える問題が解決する、
今の状況では議員の存在も問われるでしょう。
そして、無能な議員は消えるでしょう。

羽村市民のためにさらなる議会改革をお願いします。
 

二分の一成人式

 投稿者:富士見小保護者  投稿日:2017年 5月28日(日)09時11分54秒
  お疲れ様です。

PTAの取材で二分の一成人式を聞かれ、馳平さんを紹介しました。
取材依頼でご迷惑でしたらすみません。

http://www.asahi.com/articles/ASK5B5Q4MK5BUTFL01N.html


胸が痛い話ですが、私も年々盛大になる、このイベントは疑問です。
上の子の時も、感謝が足りないと書き直しを指導され、子供には私が
「なんで?これでいいじゃんね~」
と言った記憶があります。
下の子の時は長い作文(原稿2枚)を丸暗記させ、子供のころの画像がサウンドとともに
プロジェクターで映し出される演出でした。
ある、男の子が暗記が飛んで止まってしまいました。
苦しそうに顔をしかめ、場を納め、しゃがんで終わった途端、男の子は泣きだしてしまいました。
感動ではなく、できなかったという挫折の涙です。
感謝は押し付けるものではなく、感じるものですし、そこまでしてストレス与えてするイベント
なのか、疑問です。

子供にしてみれば、記事にある「面倒くさい行事」くらいな感覚だと思います。


今度、赴任されてきた、富士見小校長先生は素晴らしい方です。
今後に期待します。
 

並木心市長は昭島市可燃ごみ受入れを否定していない。

 投稿者:勿来 龍  投稿日:2017年 1月 7日(土)13時49分28秒
  昭島市は「西多摩衛生組合が昭島市可燃ごみを受け入れることは経費的に双方にメリットがある。」と。
西多摩衛生組合の管理者でもある並木市長にすれば大きな利権も手に入るだろうが。
わざわざ昭島のごみなど受け入れるなど、羽村市民にとってはなんのメリットもない。
デメリットばかりである。
美しい自然豊かな羽村市を、昭島市のごみ捨て場にするな。

門間ひで子議員が3月2日、6月13日、9月8日、12月7日、鈴木卓也議員が9月8日、12月8日の羽村市議会で質問している西多摩衛生組合の「昭島市可燃ごみ受け入れ問題」である。

http://www.kensakusystem.jp/hamura-vod/index.html

福生市と羽村市を合わせたぐらいの昭島市の可燃ごみを、平成32年度から西多摩衛生組合で受け入れるという。今年10月に誕生した新昭島市長から、すでに西多摩衛生組合への加入要請の文書がきているという。最初に昭島市から相談があったのは一昨年とのこと。


なぜ、羽村市から離れた昭島市の可燃ごみを受け入れるのか。
立川市は、昭島市との境に新たに新焼却施設の建設計画を立てているにもかかわらず。
昭島市はこの立川市の新焼却施設計画には参加しないという。

昭島市のごみは昭島市の自区内で処理するのが当然である。
昭島市民は自分のごみを立川市との境で燃やすのは厭だということだろうか。
全く身勝手な昭島市民だ。

美しい自然豊かな羽村市に、昭島市の可燃ごみを持ち込み燃やしたら、煤煙はおろか、二酸化炭素、一酸化炭素、有害ガスは、羽村市民に降り注ぐではないか。
並木市長は羽村市を「ごみシティ」でプロモーションでもするのか。
我々の住環境の悪化、地域の価値を下げるだけだ。
地元町内会だけでなく羽村市民全体にかかわる問題だ。

もし昭島の大量ごみを勝手に受け入れることになれば「売国奴」そのものだ。
 

は・む・ら

 投稿者:柴崎 学  投稿日:2016年12月20日(火)06時32分11秒
  穴ぼこだらけの道路、
活性化しない商店街、
工業地域にマンションが建ちそこに大規模商業施設という一貫しない都市整備、
シティプロモーション、サイクリングステーション、子育て支援という的外れな人口減対策、
現に住んでいる羽村市民が住んで良し言わなければ、子育て世代も羽村には来ません。
羽村市の在宅死率は全国平均12.8%に対して15.4%、高い在宅死。
保守系議員の経営する介護施設・終末病院は多いにもかかわらず、
羽村市民はなかなか受け入れない。
そして、高額医療費で食い物にされる国保・介護保険会計、
保険料は平等にとられるが、最後はしかたなく在宅死という人生の最後の不平等な扱い、
その施設は国民の税金で補助金が支給され作られました。
看取り支援という言葉でごまかしましょうか。
国の方針に従って地方創成という考えは空想です。
国は国のことで精いっぱい。
羽村は知名度がないところが知名度です、茨城と同じ。
発達障害は育ちの家庭環境の影響である。
環境を整えれば矯正できるが相当な費用と個人プライバシーにかかわることになる。
町内会の地域コミュニティにいちばん参加しないのは某宗教団体の人たち。
「市長と語る21」で市民の声を聴いているというが、
そこへ出向いて社会問題を市長さんにわざわざしゃべりまかすか。
市民公募委員も行政に都合のいい人を選ぶだけ、一般市民にとっては徒労です。
一億総括躍社会といいますが有効求人倍率が高くない多摩地域で、
仕事をとろうとすれば不安定労働、低賃金を強いられるだけ。
羽村市にあるCMでおなじみの超一流企業は契約社員しか使いません。
市内会館は、横田基地をファントムが飛び騒音がひどいということで、
国の思いやり予算で作られたもの。
町内会が縮小するなか、時代の要請に合わない建物なのです。
数年前に「先頭に立ってやります。」とさんざん言っていましたが、
その重みのある言葉どこへいったんでしょうか。
事業計画の見直しをやるといっておきながら、
経済状況が刻々と変化しているのに15年見直しありません。
29か30年度に計画の見直しをするそうです。
15年なくて来年ですか。
これが並木市長の行政運営です。
市議会議員のお粗末な質問でも羽村は良くなりません。
残念なことに、羽村市は「終の棲み処」とはとても言えなくなっているのです。

羽村市議会インターネット中継より
?
 

(無題)

 投稿者:エラスムス  投稿日:2016年12月17日(土)08時11分2秒
  議会自民党に対して「信義は完全に崩れた」として公明党は協力関係の見直しを宣言しました。
都議会自民党と小池百合子知事との対立が続くなか、
公明党は自民党に三下り半を突き付けたかたちです。
羽村市議会でもやってくれませんかね。
公明党さんと民進党さんとくっ付けば、羽村市面白くなるんだけどな。
今の羽村市は方向性は良くない。
良いようで良くない。
羽村市議会インターネット中継を見ると、羽村市の沈滞行政の原因がよく見えます。
政策協定など破棄していただいて、羽村市のために羽村市をチェンジしてもらいたいですね。
 

(無題)

 投稿者:みのり  投稿日:2016年11月23日(水)11時44分57秒
  羽村市ホームページに『平成28年11月16日に判決言渡しのあった、「墓地経営不許可処分取消等請求事件」・・・・・・とても容認できるものではなく・・・控訴をする・・・・・・』うんねんとありますが、羽村市は公正な裁判で負けたのならば、もっと裁判内容を明らかにするべきでは。
これでは戦前の「大本営発表」となんら変わりません。

羽村市の行政、市長、議員どもは何をやっているのよ。



 

元凶 神田大明神

 投稿者:内田 繁  投稿日:2016年 8月 5日(金)06時43分3秒
  長年の代々の都知事選挙問題の元凶が明らかになってきたようですね。
なぜ、都民の税金を使って何度も選挙をしなければならなかったのか。
マスコミや自民党以外の政党はなぜ気づかなかったんですかね。
同じ自民党内のいざこざ程度としか思っていなかったんでしょうか。
やくざまがいの陰湿ないじめを、同じ政党の正当な選挙で選ばれた知事するなんて。
民主主義を冒涜、破壊ですね。

小池百合子さんには都議会のお掃除をしてもらいたいです。
五輪の準備も大事だけど、都議会のお掃除、お掃除。
 

レンタル掲示板
/35