teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


6月23日(日)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月29日(土)23時00分12秒
  1.朧月夜
・「U」は丸く、口の奥を開けてつまらないように気をつける。
・全音と半音の違いを出す。
2.七夕さま
・「n」の響きを出す。
・スラーのあるところはスラーをつけて歌う。
3.ずいずいずっころばし
・リズムを出す。
・26小節「いど」はしっかり食いつく。
4.里の秋
・たっぷり歌う。
5.雪
・リズムに注意。
6.野に咲く花のように
・楽しそうな表情で歌う。
7.夜空ノムコウ
・合唱っぽくしすぎないで、原曲の雰囲気を意識して歌う。
・54頁上の段2小節目の歌詞は「星空の」ではなく「星空が」に変更して歌う。
8.涙そうそう
・音が上がっていかないように注意する。
9.Jupiter
・90頁の2段目からテンポを上げ、そのままのテンポで最後まで歌う。
・ユニゾンのところは自信を持って歌う。
10.風になりたい
・8小節ではまだ早くせず、我慢する。
・20小節の「Ah」が目立ちすぎないように気をつけて歌う。
11.O VOS OMNES
・9小節と10小節の間で切らないようにする。
・12小節で急がないようにする。
 
 

6月1日(土)、15日(日)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月29日(土)22時58分49秒
  1.6月1日
・JーPOPを暗譜で歌えるように練習しました。
2.6月15日
・JーPOPを適切なテンポで歌えるように練習しました。
・「花は咲く」の音の確認をしました。
 

5月25日(土)~26日(日)合宿

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月23日(日)22時13分55秒
  1.私と小鳥と鈴と
・口をたくさん動かす。
・17小節「地べたを」で緊張感を緩ませないようにする。
2.おさかな
・35~36小節「食べられる」は危機迫る感じで歌う。
3.もういいの
・5~11小節は「もういいの」から「まあだだよ」への受け渡しを意識して歌う。
4.水と影
・24小節「明るい」はポジションを高くして歌う。
5.報恩講
・17~22小節の音程に注意する。
・42~43小節のピアノで声が浅くならないように気をつける。
6.さびしいとき
・26小節で押さないように気をつける。
7.朧月夜
・最初の2小節はあまり大きく出さないように気をつける。
・ベースがメロディーのところは広がりを持って歌う。
8.雪
・21小節からの男声のメロディーはレガートで歌う。
・28小節は女声と男声でリズムが違うので区別する。
9.野に咲く花のように
・ハミングのところは「uh」に変更して歌う。
10.夜空ノムコウ
・「uh」と「Hum」は「ル」に変更して歌う。
11.Jupiter
・間奏は「ル」で歌う。
12.風になりたい
・指を鳴らすのは58小節まで。
13.AVE MARIA
・16小節の「Jesus」は三善アクセントをつけて歌う。
14.O VOS OMNES
・最初の頁は原則として4小節ごとにフレーズをつくる。
15.O MANUM MYSTERIUM
・「O」の歌詞に感情をこめて歌う。
・22小節4拍目から26小節までは強めに歌う。
・53小節以降は、ピアノからだんだん盛り上げていく。
16.PUERI HEBRAEORUM
・「Pueri」の歌詞は、後から出るときほど大きな音量で入る。
17.花は咲く
・音取りをしました。
 

5月18日(土)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月23日(日)22時12分16秒
  1.もういいの
・29~36小節でテンポが遅くならないように気をつける。
2.水と影
・途中で音が下がらないように気をつける。
3.朧月夜
・14~15小節のテナーは音が下がらないように気をつける。
4.里の秋
・メリハリをつけて歌う

5.野に咲く花のように
・「ル」の歌詞を歌うときは、口を前へ突き出す。
 

5月11日(土)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月23日(日)22時10分48秒
  1.もういいの
・タタタ、タタタのリズムを感じて、リズム感よく歌う。
・26~27小節の「n」をしっかり歌う。
・29小節は切らずにのばす。
2.水と影
・6小節で安心しないように。
3.さびしいとき
・25~26小節テノール音程に注意。
4.AVE MARIA
・20~27小節の音程の確認をしました。
5.O MAGNUM MYSTERIUM
・16~19小節の音程の確認をしました。
・「jacentem」(横たわっている)の歌詞は穏やかに歌う。
6.O VOS OMNES
・28小節のソプラノはリズムに注意する。
7.PUERI HEBRAEORUM
・テナーの高音は無理に出さないで、裏声で音を合わせる。
 

4月20日(土)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月23日(日)22時09分9秒
  1.もういいの
・「ラン」のNをしっかり歌う。
・二回目の「もういいの まあだだよ」は遠くから聞こえている感じで。
・22~23小節の「かくれんぼうの子供」は休符で音は切れるが、フレーズはつなげるようにする。
・37小節からは、29~36小節とはリズム感を変えて歌う。
2.水と影
・やぼったくならないように。
3.朧月夜
・女声が「U」で歌うところは縦めな感じで、盛り上がりの計画を立てて歌う。
・18小節テノールの最初の音はもぐらないように。
4.雪
入りをはっきり。
5.夜空ノムコウ
・各人のリズムが合うのに時間がかかっているので、すぐに合わせられるようにする。
 

4月13日(土)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月23日(日)22時07分58秒
  1.ずいずいずっころばし
・大きさの変化はつけながら、つっつく感じで軽く歌う。
2.雪
・軽く歌う。
3.野に咲く花のように
・シンコペーションのリズムを軽く歌う。
4.夜空ノムコウ
・各人のリズムが合うのに時間がかかっているので、すぐに合わせられるようにする。
 

4月6日(土)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 6月23日(日)22時06分49秒
  1.もういいの
・きれいに歌うよりは、はっきりと歌う。
・「まあだだよ」はレガートで歌う。
・26・27小節のlunは余韻があればよい(音をのばさない)。また、上にあてる。
・29小節からは和声的に。
2.水と影
・母音によって響きを変えないように。
3.さびしいとき
・29小節からは内向的になるため、音程が高くならず、落ち着いた音程になっている。
4.朧月夜
・7小節ソプラノの音程に気をつける。
5.七夕さま
・26小節ソプラノの入りのタイミングに気をつける。

>kouzakiさんありがとうございます。
 当日はお手伝いよろしくお願いします。
 

6回コンサートがんばって

 投稿者:kouzaki  投稿日:2013年 5月13日(月)10時46分0秒
  クレールの演奏会には3回出たかなと思います。ベースが一人の時期もあり、大変だった思い出があります。転勤、結婚などもあり、なかなか厳しい状況もあるかも知れませんが、継続することが大切だと思います。当日、なにかお手伝いできることがあれば、遠慮なく言ってください。
 こちらでは、長崎北高同窓会による合唱団(30名)を指導してますが、結成10周年と言うことで、初めての演奏会を行なうことになりました。合唱経験、音楽経験のない団員がほとんどで、大変です。
 演奏会まで残り僅かですが、体調管理に気をつけて、充実した演奏会になることを願っています。  幸崎雅弥
 

3月24日(日)

 投稿者:kimura  投稿日:2013年 3月24日(日)21時18分35秒
  1.もういいの
・声を前へとばすことを意識する。
・44~45小節は音が飛ぶので正しい音を把握する。
・46小節の「は」の歌詞で開かないように、常に声を集めて歌う。
2.水と影
・フレーズが落ちないようにする。
3.さびしいとき
・響きを上から持ってくるようにする。
4.PUERI HEBRAEORUM
・ソプラノは13小節の下降音形で下がりすぎないように注意する。
・20小節で急がないように気をつける。
・長い休符の後の入りの音を安定させる。
5.O MAGNUM MYSTERIUM
・ソプラノは21小節の入りの音程に気をつける。
・35~39小節でずれないように気をつける。
 

レンタル掲示板
/49