teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


無題

 投稿者:天野ナオキメール  投稿日:2007年11月20日(火)17時31分9秒
  素晴らしい写真を見さして頂き有難う。。。  
 

PHILIPPINE VILLAGE HOTEL

 投稿者:miyu  投稿日:2007年 1月28日(日)15時46分0秒
  PHILIPPINE VILLAGE HOTELので宿泊を考えているのですが、
どこで予約しましたか?
ホテルに直接ですか?

よかったら教えていただきたいです。
 

Cawa 様への返信

 投稿者:Kinメール  投稿日:2002年 6月19日(水)10時52分16秒
  海外への移住の夢は持ち続けては居ますが、まだまだ夢の段階で、
未だ実現しておりません。
従って、貴殿の研究にお役立にたつには、やや時期尚早のように思います。
申し訳ございません。
貴殿の学業でのご活躍を、お祈りいたします。
 

フィリピンに移住した日本人の居住形態と住環境に関する研究

 投稿者:Alan Cawaメール  投稿日:2002年 5月13日(月)21時06分14秒
  皆様へ

はじめまして。

私はフィリピンのAlan-Luis Cruz Cawa(カワ・アラン-ルイス・クル-ズ)と申します。私は現在、東京理科大学大学院工学部建築学科の大月研究室(大月研究室のHPはこちらのサイトに見られます。 http://www.rs.kagu.sut.ac.jp/~olab/) の一人の研究生です。今は修士課程1年生です。

私は大学院で研究したい事はフィリピンに移住した日本人達の居住形態と暮らし方で、どういう風に行われているか家の中はどういう空間になっているか調べたいと思っております。
                              研 究 計 画
タイトル: 東南アジア(フィリピン)に移住した日本人の
        居住形態と住環境に関する研究

研究目的
  現在の日本社会は少子高齢化、物価高、年金の財源の問題等により、特に定年後の生活における不安要素が多い。そのためより物価が安い他国に移住を考える人も少ないが存在する。移住に対してはロングステイ財団や民間企業が見学会の開催や斡旋といった支援を行っている。受入国における体制も整いつつあり、例えばフィリピンでは、1985年にPhilippine Retirement Authorityを設立し、永住権と出入国自由を保証するPRA査証を発行した。2000年9月におけるPRA査証取得者は約6500名にのぼり、うち日本人が600名を占める。
  しかし、そこで展開される住環境についてはほとんど検証されておらず、熊谷広子らによるブラジルの日系移民の住空間に関する研究をはじめ19世紀後半から20世紀初頭にかけての開拓移民に関する研究しかない。
  本研究は現在フィリピン、マレーシア、タイなどに移住している日本人の住宅及び住宅地の形態や暮らし方、地区環境について調査し、建築計画的に必要な技術支援の可能性を探る事を目的としている。

研究計画概要
  調査概要
   日本人移住地での聞き取り調査及び実測調査
     (フィリピン移住者のお宅訪問)

   政府・企業・団体への聞き取り調査及び資料収集
   ・フィリピン退職庁「Philippine Retirement 
                 Authority(PRA)」
   ・日本人会(Manila Baguio Cebu Davao etc.)
   ・財団法人 ロングステイ財団
   ・フォレスト・カンパニー ‐ 移住に対して支援
                  など行なう民間企業
   ・「Gerontology Institute」‐ 老人ホーム系
   ・「Concepts & Systems Development Inc.」
                     民間会社
                                     
―-以上-

私の研究したい事を成功する為に皆様の御協力が必要となります。日本にいる間にフィリピンに移住する事に関わっている企業に訪問したり、インタビュしたりしたいと思っております。そして、私が現地リサーチ(フィリピン)をする時に日本人移住者たちのお宅を訪問したいと思っております。御迷惑をおかけするかも知れませんが、皆様にアンケートを渡したり、インタビュをしたり、資料(Pamphlet Catalogs etc.)のコピーをお願いしたり、お宅の空間を写真撮ったりするのでできるだけ御協力をお願い致します。

もし、興味がある方が居れば、気軽に連絡して下さい。

私の日本語力は至らない点が有りますが、どうぞ、よろしくお願い致します。

2002年5月13日
カワ・アラン-ルイス・クル-ズ

連絡先: 大月研究室  03ー3260ー4272
             (内線/ext.)3462
        携帯電話 070ー5026ー6096
メール: j4102610@ed.kagu.tus.ac.jp
 

残りの人生どう生きるか。

 投稿者:ぱーこメール  投稿日:2001年11月11日(日)21時21分24秒
  今回のあとがきは、私も常々考えるところであります。

穏やかに晩年を過ごすか。
緊張と挑戦のうちに生き甲斐をさがすか。

私はきっと穏やかに過ごしたい、と思っても
きっと倒れるまで、あちこちうろうろするんだろうと思います。
今までがそうだったので。
晩年も同じように走り続けるんだと思います。

後悔しないように、とそれだけを願っております。

人生の先輩のお話として読ませていただいています。
 

取り敢えず ご挨拶

 投稿者:JOYメール  投稿日:2001年10月19日(金)02時53分52秒
  ”Happy Retired Life を フィリピンに探して”を楽しく見させていただいております。私はフィリピンに17回と少々タイに渡航経験があります。来年はダバオかフィリピン経由タイに行こうと思っています。ダバオの記事は大変参考になりました。今後とも宜しくお願いしますと共に楽しい記事?日記を楽しみにしております。  

おそくなってごめんなさい。

 投稿者:kin  投稿日:2001年 8月27日(月)15時47分24秒
  ぱーこ様 いつも色々な激励をいただきありがとうございます。
仕事上のH.Pの作成に目下没頭していて、次報がなかなか
すすみません。今しばらく御待ち下さい。
          筆者 Kin
 

Philippines 編(4)感想

 投稿者:ぱーこメール  投稿日:2001年 7月15日(日)15時40分26秒
  写真を拝見しますと、ホント南洋という感じですね。
現地の人にも心を許すな、不正もある程度はいたしかたない、という話しに、
そうなんだあろうな、と思いました。
 

Free Write でどうぞ!

 投稿者:Kinメール  投稿日:2001年 6月12日(火)00時57分25秒
  私のHPへご訪問有難うございました.
ご感想やらお喋りなどお気軽に書き込みください.楽しい掲示板に
したいと思っています.

まず手始めに私から呼びかけます.実は昨年暮れ頃メキシコ周遊の
お値打ちなツアーがあって問い合わせましたが、一人参加の追加料金が
結構高くて、断念したことがありました.
次回に、チャンスがあったらメキシコには一度旅したいと思っています.
ご同行いただける同好のお方のメールをお待ちしています.
 

レンタル掲示板
/1